更年期障害|女性のための漢方

漢方医学

漢方では、特有の病気を「血の道症」と呼んできました。更年期障害もその一つといえます。「血の道症」は、オケツといって血の流れが悪くなっておきる病気です。血の流れが滞ると、体内の水分の流れも悪くなり、むくみやめまいなどさまざまな症状を引き起こします。また、血の停滞は、気の流れも悪くします。気の停滞は、イライラなどの精神不安などを引き起こします。このため、更年期障害の色々な症状がおきてきます。
漢方の治療では、血をきれいにして血流を改善し、さまざまな不定愁訴を根本から治療します。更年期障害などの、「血の道症」をととのえるのは、漢方の得意とする治療分野です。
薬はその人の体質や症状によって違ってきます。きちんと診断を受けあなたに適した薬を使うことによって、快適な更年期を過ごすことができます。
更年期の“更”という言葉は「あらたまる、かわる」という意味です。あなたの体調、体質が変わる時期なのだと自覚し、自分の身体と上手に付き合っていきましょう。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

女性の卵巣の機能は35歳位から衰え、50歳前後で閉経を迎えます。そのため、40~50代 には女性ホルモンのバランスが崩れ、更年期障害となります。
そのことによって、自律神経のバランスも崩れてきます。人によって更年期障害の症状はさまざまでのぼせ、頭痛、めまい、肩こり、イライラ、不眠、全身倦怠感など軽くすむ人も いれば、日常生活ができないほど思い症状に悩む方もいます。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

更年期は精神的に不安定になりやすいので、毎日リラックスして明るい気持ちで過ごすことが大切です。趣味や旅行、軽いスポーツなどで、ストレスを発散する時間をつくりましょう。
食事は、閉経するとカルシウムの呼吸が悪くなり、骨粗しょう症になりやすくなります。また、カルシウムは精神を安定させる効果もあるので、意識して摂るようにしましょう。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

更年期障害の漢方の実例

イライラが強かった更年期障害の症例

見るからに憔悴しきった感じの女性です。顔色が悪く、ほほがげっそりとこけています。他県で一家の主婦としてがんばっていたのですが、一年ほど前から 更年期障害によるイライラが強くなり、ついには自分で感情が抑えられなくなってしまいました。
ご主人からは実家へ帰るようにいわれてしまいました。一週間ほど前に実家へ里帰りしたのですが、母親に勧められて来店しました。このままでは離婚されてしまうとのことで、かなり落ち込んでいます。
更年期障害の症状は、イライラが強く気持ちが落ち着きません。肩こりが強く生理は不定期です。食欲不振で疲れやすいです。体重も6kgくらい減ってしまいました。
この方の体型はやせ型ですが、声にも力があり全体的にそれほど虚弱には見えません。体力は中間タイプと判断して更年期障害の漢方薬を処方しました。
一ヵ月後に来店したときには 、大分表情が明るくなっていました。更年期障害の症状が落ち着き、本人も具合がいいとのことです。3ヶ月ほど同じ処方を続けたところ、イライラすることもほとんどなくなったので、家族のもとに帰ってみるとのことでした。
その後3ヶ月ほど同じ漢方薬を服用しましたが、調子が良いとのことで、服用は中止しました。

更年期による不正出血の症例

更年期になると、ホルモンのバランスがくずれ生理が不順になったり、出血がダラダラ続いたりする方もいます。この方もその一例だといえます。
やせ型で貧血、冷え性です。一ヶ月のうち25日くらいはダラダラと生理が続くとのことでした。便通は一日一回ですが、小便が近いです。頭痛もひんぱんにあるとのことでした。血圧は普通。肩こりが強く夏場は特に疲れやすいとのことです。
この方は、冷え性で貧血傾向もみられたので血を補い、止血作用のすぐれた漢方薬を処方しました。
一ヶ月を服用した頃には出血もだいぶ治まり調子が良いとのことでした。
その後、6ヶ月を過ぎる頃には生理も4~5日で終わるようになり、不正出血も治りました。同時に、冷え性もだいぶ改善された ので漢方薬の服用を中止しました 。

女性のための漢方