にきび|女性のための漢方

漢方医学

漢方では、にきびは身体の中の変調や異常が皮膚症状として現れると考えています。
まず、身体の中のバランスを整え、正常に戻していくことが皮膚トラブルの根本治療となります。
まず、にきびの原因で多いのが、おけつ(ドロドロした汚い血)という“血”の異常です。
これは、表面的には冷え、のぼせ、生理異常という形で現れます。この治療には、ドロドロして巡りの悪くなっている血をきれいにし、血の巡りを正常に戻す漢方薬を 用います。
これらのにきびの漢方薬は血行をよくするとともに、子宮や卵巣の働きも整え、ホルモンバランスも正常にします。
ストレスなどによって心身の変調をきたし、イライラ感、不安感が原因となってにきびが発症する場合には、“気”を整える漢方薬を用います。
便秘をしていると、にきびはできやすくなります。毎日のお通じを心がけましょう。
漢方薬の便秘薬は、市販の薬より習慣性が少なく、体質によって使いわけます。
いずれの場合も、その人の症状によって使い分けることが必要です。
まず、バランスのとれた食事をして規則正しい生活をしましょう。その上で、胃腸を整えたり、“血”、“気”などご自分に必要な治療をしていきましょう。
にきびは、見えないわたしたちの身体の異常を教えるシンボルなのかもしれません。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

10代の思春期のころにできるにきびは、ホルモンバランスがまだ安定していなく、皮脂の分泌を多くする男性ホルモンが多いために発症します。
20代、30代になると、にきびは皮脂の分泌というよりはストレス、冷え、生活の不規則や疲れ、体調不良などによるホルモンバランスの崩れからおきています。
最近は、これらのにきびを大人のにきびとよんでいます。
大人のにきびは、なかなか治りにくく、あとにもなりやすいので気にしている方も多いのではないでしょうか?
10代のにきびは皮脂の多い、額などのTゾーンに多いのに対して、大人のにきびは皮脂の少ないあご、口のまわり、ほほなどのUゾーンに発症します。
皮脂が原因でないので、石鹸でゴシゴシこするのはかえって逆効果で、むしろ身体の内側からのケアが必要です。
西洋医学のにきびの治療は、抗生物質やビタミン剤を服用したり、イオウを含んだ塗り薬を併用します。しかし、これらはにきびの根本的な治療にはなりません。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

食生活は、野菜を中心としたものにします。肉類は、血を汚しにきびの原因にもなります。
また、便秘もにきびを悪化させるので、食物繊維の多い食事を摂り、毎日の規則正しい便通を心がけるようにしましょう。
適度な運動でストレスを発散したり、十分な睡眠をとって身体に疲労をためないようにしてください。

実例はこちら↓

日常生活

にきびの漢方の実例

生理痛を伴うにきびの症例

女性 にきび 肌荒れ

ニキビと肌荒れがひどいとのことで、来店されました。
あごから首すじにかけてと、額に赤くボツボツしたニキビが目立っています。
また、肌は全体がカサカサしてひどく乾燥しています。
生理前になると、ニキビはよりひどくなるとのことでした。
20代の女性なので、とても辛いとのことです。普段から出かけるときは、マスクで顔を隠しているそうです。
少しでもきれいな肌になりたいとのことでした。

この方は、生理周期が30日~40日と不順気味で、生理痛も強いとのことでした。
そこで、血の巡りを良くして、ホルモンバランスを整え、肌の状態が改善できる漢方薬をお出ししました。
最初の二ヶ月は、肌の状態は変わらなかったのですが、生理痛が楽になったそうです。
三ヶ月目から、ニキビが明らかに少なくなって、肌に潤いが出てきました。
生理周期も30日で安定してきました。
それからは、月を重ねるごとに改善し、最近ではニキビはほぼなくなり、肌もきれいになっています。

この頃では、お友達から肌がきれいだとほめられることも多いそうです。
以前は、あまり鏡を見ることはなかったそうですが、最近は毎朝のお化粧が楽しいとのことです。

これまでの実例→

女性のための漢方