尿もれ(尿失禁)|女性のための漢方

漢方医学

漢方では尿もれ(尿失禁)は内臓の機能低下と老化からくる下半身の弱りと考えます。 
たとえば、虚弱体質で胃腸が弱く全身倦怠感のあるような、尿もれ(尿失禁)の方には、身体の体力を補い内臓の機能を高める漢方薬が用いられます。
また、冷え性体質で下痢をしやすい尿もれ(尿失禁)の方には、内臓を温めるる漢方薬を用います。
そのほかに腎虚といって腎臓、膀胱などの泌尿器の機能が低下した状態でも、尿もれ(尿失禁)がみられます。腎虚は老化現象の一つでもありますが、妊娠などによって腎にひどく負担がかかるときにもなります。
年齢を重ねると、尿が近くなったり、夜中にトイレにおきたり、足腰がだるくなったり、生殖機能も衰えてきます。このような状態が腎虚です。腎虚からくる尿もれ(尿失禁)に は、腎機能を補う漢方薬を用います。
どのタイプの尿もれ(尿失禁)でも漢方療法は効果があるといえます。しかし、漢方単独の治療にこだわらずとも、西洋薬を併用したり、体操を取り入れるとよいでしょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

女性の30パーセント近くが、尿もれ(尿失禁)で悩んでいるといわれています。しかし、恥ずかしいなどの理由から、病院などを受診する方は非常に少ないようです。
最近は尿もれ(尿失禁)がマスコミに取り上げられたり、コマーシャルなどでも頻繁に目にするようになり、ずいぶん開かれてきているように感じます。
尿失禁(尿のもれ)はさまざまな原因で起こると考えられますが、大きく分けると「腹圧性尿失禁」、「切迫性尿失禁」、「反射性尿失禁」の3つに分けることができます。
「腹圧性尿失禁」は中年だけでなく若い女性にも多く見られるもので、骨盤内の筋肉が弱くなり膀胱を支える組織が緩んで、くしゃみ、咳、大声で笑ったりしたひょうしに 、尿が漏れてしまうものをいいます。
また、難産だったり妊娠の回数が多いことによって、骨盤の筋肉が緩み尿もれ(尿失禁)になることもあります。
「切迫性尿失禁」は突然激しい尿意がきて、トイレまでもたずに漏れてしまうもので、原因としては、脳の指令が膀胱までうまく伝わらないこともありますが、ストレス等が原因となることもあります。
「反射性尿失禁」は膀胱に尿が溜まっても尿意がなく、そのまま反射的に尿もれ(尿失禁)をしてしまうものをいいます。原因としては脊髄や神経系の障害が考えられます。
西洋医学では、尿道括約筋の締まりをよくする薬や、ホルモン剤などの薬物療法が行われます。また、器具を用いて、尿道の位置を正常に戻す治療が行われたり、場合によっては手術が必用なこともあります。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

腰まわりの筋力を強化する体操として、お尻の穴を締めたり緩めたりする運動を、何回かに分けて一日10分程度続けるのもよいです。
また、冷え性体質の方は、冷たい飲食物を摂らないようにしたり、身体を冷やさないように心がけてください。

実例はこちら↓

日常生活

尿もれ(尿失禁)の漢方の実例

虚弱体質の尿もれ(尿失禁)の症例

細身で顔色に青白い女性です。普段から身体が弱く風邪をひいたり、下痢をしたりするたびに当店の漢方薬を服用していました。
最近は、風邪も引かなくなり胃腸も丈夫になって来たのですが、今回は、長いこと尿もれ(尿失禁)で悩んでいるとのことで相談を受けました。
今までも、尿もれ(尿失禁)は時々あったのですが、恥ずかしくて相談できなかったとのことでした。
尿もれ(尿失禁)はクシャミや咳をしたときにもありますが、一番困るのはトイレに間に合わないことが多くなってきたことでした。
この方は、冷え性で疲れやすさも見られたので、身体を温めて体力を補い腎臓や膀胱の働きを改善する尿もれ(尿失禁)の漢方薬を処方しました。
服用を始めて翌日には漢方薬の効果が実感できたとのことでした。服用を始めて一ヵ月後には尿もれ(尿失禁)はほぼ改善しました。

老化による尿もれ(尿失禁)の症例

中肉中背の方です。尿もれ(尿失禁)と頻尿に悩んで相談を受けました。
もともとは丈夫で病気らしい病気はほとんどしたことがなかったのですが、最近は疲れやすくなり、夜中もトイレに4~5回は起きるとのことです。
昼間もトイレが近く、日中10回くらい行くのですが、間に合わずに下着を汚してしまうことがよくあるとのことでした。
血圧が高く、口が渇いてよく水を飲むそうです。
この方は、70歳という年齢から、腎虚(腎臓や膀胱の機能が衰えている状態)と考えられます。
そこで、腎機能を補い老化を防ぐ尿もれ(尿失禁)漢方薬を処方しました。
一ヵ月後にはかなりの改善が見られ、3ヶ月の服用で、尿もれ(尿失禁)や頻尿の症状はほとんどなくなりました。

女性のための漢方