めまい|女性のための漢方

漢方医学

漢方ではめまいは主に、「水」が原因で起こると考えています。
つまり、身体のなかの代謝しきれない余分な水が、頭の方に上がってきて、めまいを引き起こすと考えています。
めまいのほかに頭痛、むくみ、小便の異常、下痢なども水分の代謝異常として起こります。
このようなときは、身体の余分な水を汗や尿として、体外に排出するような漢方薬を処方します。
また、血の流れが悪くなってめまいを引き起こす場合もあります。
血の流れが悪くなってドロドロした状態を漢方では「お血」(おけつ)と呼んでいます。
「お血」によるめまいは、脳の血行障害が原因でおきます。
「お血」が原因のめまいでは、顔が赤くなったりのぼせたり、またイライラや不眠などが起こり易くなります。
この場合は血液をサラサラにして、血の流れをよくするような漢方薬を処方をします。
いずれのタイプのめまいでも、漢方薬は効果的ですが、気をつけなければならないのは、時に重大な病気のサインである場合があることです。
例えば脳梗塞や高血圧の危険な状態を知らせていることもありますから、めまいとともに頭痛、嘔吐、手足の痺れ、視覚異常などが伴う場合は気をつけてください。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

めまいは三つのタイプに分けることができます。
一つ目は回転性のめまいです。メニエール病に代表されるめまいで、突然周囲がぐるぐる回り、吐き気や耳鳴りを伴うこともあります。
また、場合によっては耳がふさがった感じがしたり、聞こえが悪くなることもあります。
2つ目はいわゆる立ちくらみと呼ばれるもので、急に立ち上がったり、逆方向を振り向いたときにクラッとするめまいです。おふろの湯船から立ち上がるときに起こるめまいもこの類です。
3つ目は高血圧の人や過労の人、または精神的に緊張している人などによく見られるめまいで、じっとしていても、また動いていても突然フラッとするめまいです。
西洋医学では、安静にすることで改善されるようなら特別な治療はしませんが、それ以外の場合は抗暈剤(めまいを止める薬)や鎮静剤、安定剤などが処方されます。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

日常生活についてですが、めまいがしているときは外出などはせず、家で安静にしていることをお勧めします。
また、新聞を読んだりパソコンなどの小さい文字を読むこともよくありません。
食事では、ジュース、アルコール、果物など身体を冷やすものはさけ、温かいうどんや煮野菜、湯豆腐などのやわらかい薄味のものを摂るようにしてください。

実例はこちら↓

日常生活

めまいの漢方の実例

漢方薬を使っためまいの症例

中肉で貧血、冷え性の女性です。胃腸が弱く疲れやすいとのことでした。疲れるとめまいをよく起こすとのことで、来店しました。
めまいが起きると、立ってはいられないほどひどくなり、急に発症するので外出することもできなくなります。
新薬も試してみたのですが、根本的な改善にはならないので、漢方で体質を改善したいとのことでした。
冷たい飲み物や食べ物で、胃の調子が悪くなります。本人は胃に水がたまっているような感じがするとのことなので、これらを目標に漢方薬を15日分処方しました。
半月後に来店したときには大分調子がよいとのことでした。3ヶ月の服用が終わる頃には、めまいはまったくおきなくなったので、服用を中止しました。

吐き気を伴っためまいの症例

一年前からめまいで悩まされているとの事です。病院でも何度か検査を受けたのですが、原因は分からないとのことでした。めまいはひどい時と軽い時がありますが、ひどいときは吐き気を伴います。
体格は中肉で神経質です。胃腸は弱く、揚げ物や辛いものを食べると胃がもたれたり、下痢をしたりします。
この方は中間タイプで、胃腸虚弱、吐き気を伴うめまいなどの症状から、 漢方薬を処方しました。
一ヵ月後に来店したときには、めまいや吐き気が大分楽になったとのことでした。めまいの起きる回数も以前の3分の一くらいになったとの事です。
2ヶ月目の服用が終わる頃には、ほとんど症状が治まったとのことなので、服用を中止しました。

女性のための漢方