冷え性|女性のための漢方

漢方医学

漢方では、冷え性はいくつかのタイプに分けることができます。ここにタイプ別に整理してみましょう。

1:”水”による冷え性
余分な水が胃腸にたまり、胃腸の機能を低下させて冷え性の原因になります。腹部でポチャポチャと水の音が聞こえたりします。
漢方治療としては、胃腸の中の余分な水分を身体の外に尿や汗として排出させ、胃腸の機能を回復させる処方を用います。 

2:“血”による冷え性
「血」の流れが停滞して冷えます。比較的体力があって便秘がちの女性にこのタイプは多いようです。のぼせや動悸を伴うこともあります。
漢方治療としては、「血」をきれいにして血流をスムーズにする処方を用います。

3:“気”による冷え性
「気」がうまく巡らずに自律神経が不安定になり、下半身の冷えと上半身ののぼせ、いわゆる冷えのぼせや、イライラや精神不安などの症状が同時に起こります。
漢方治療としては、「気」のめぐりをよくしてイライラ感、冷えのぼせの症状を改善します。

4:その他の冷え性
全身の新陳代謝が低下して起こる冷え症もよく見られます。日ごろから顔色が青白い人や高齢者にこのタイプは多いようです。
漢方治療としては、身体全体の体力が低下しているので「気」「血」を同時に補ったり、元気をつける処方を用います。

これらのタイプ別に冷えを分類し、体質にあった漢方治療を行います。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

西洋医学では 冷え性という病気はありません。病気というよりはむしろ体質と考えたほうがいいでしょう。
冷え性の症状としては、身体全体が冷える、手足が冷える、腰や腰から下が冷える、冷えと同時に首から上がのぼせる、しもやけができやすいなどがみられます。
冷え性は病気ではないので、西洋医学でも十分な対応はなかなかできていないようです。冷え性は漢方治療が得意とする分野のひとつです。 

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

冷え性は漢方の得意分野で、タイプに応じてさまざまな処方がありますが、同じくらい大事なのが食生活です。
“漢方の豆博士”でも述べましたが、食べ物にはそれぞれに身体を温めるもの冷やすもの、どちらでもないものがあります。
冷え性のひとにとっては身体を冷やすような食べ物は、なるべく避けたほうが良いでしょう。また、料理の仕方によっても違います。生野菜は避け、温野菜(炒めたもの、煮たもの)をとるようにしましょう。

実例はこちら↓

日常生活

冷え性の漢方の実例

胃腸虚弱の方の冷え性の症例

やせ型で少し血色の悪い女性です。もともと冷え症だったのですが、最近になって体温も低く、足の冷えがかなりひどくなってきたとのことで来店されました。
血圧が低く生理痛があり、むくみやすい体質です。胃が弱く空腹時に痛んだり、食後にもたれたりします。
また、数か月前からニキビができるようになり、最近ではかなり目立つようになって困っているとのことです。
この方は、胃腸に過剰な水分がたまり胃腸の機能が衰えたことで冷え症になったと考えられます。そこで、胃腸に溜まった過剰な水分を体外に排出して胃腸の機能を回復し、冷え症を改善する漢方薬を処方しました。
一か月分を服用した後で症状を伺うと、以前より身体が温まってきたとのことでした。
生理痛も以前より軽くなり、胃痛や胃もたれがほとんどなくなったとのことでした。
ニキビも以前よりかなりよくなっています。  
その後も同じ処方を継続していただき、症状は改善しました。

自律神経失調症の冷え性の症例

2~3年前からひどい冷え症とのことで相談を受けました。
しばらくは病院へ通って漢方薬を処方されていたとのことですが、ほとんど効果はなかったそうです。
肥満型で疲れやすく偏頭痛があり、肩こりもひどいとのことです。また、イライラしたり落ち込んだり、精神的に不安定になることがあります。
この方は、自律神経のバランスが悪いことが原因で冷え症になっていると考えられます。
そこで、自律神経のバランスを調えて冷え症を改善する漢方薬を処方しました。
30日分の服用後に来店していただきましたが、ほとんど症状に変化が見られないとのことでした。そこで、自律神経のバランスを調えるとともに、血の巡りをよくする漢方薬を加えて処方しました。
今度は一か月の服用で身体が温まってきて、イライラや不安感などの症状もだいぶ落ち着いてきたとのことです。
その後も同じ処方を継続していただき、頭痛や肩こりなどの症状も改善しました。

女性のための漢方