生理不順|女性のための漢方

漢方医学

漢方では、生理不順は「血」の異常や精神的なストレスが主な原因と考えています。
もともと貧血体質だったり過剰なダイエットをしていると、身体の血が不足した「血虚」という状態になります。
このような場合、生理が遅れがちになったり(稀発月経)、無月経になることがあります。
漢方治療としては、身体の血を補う効果のある漢方薬を用います。
また、身体に血液が十分にあっても血液そのものがよどんでいて、血流が悪くなり、生理不順になることがあります。このようなときは月経周期が短くなり、ひどいときは一ヶ月に2度も3度も生理がくるようになります。
このような生理不順の治療には、血をきれいにしてホルモンバランスを調えるような漢方薬を用います。
ストレスや精神不安から生理不順になるときは、精神を安定させホルモンバランスを調える漢方薬を用います。
子宮や卵巣の発育不全には、子宮や卵巣の働きを活発にする漢方薬が用いられます。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

生理周期や生理の期間が不安定だったり、生理の量が多かったり、少なかったりすることを生理不順といいます。
生理不順に悩まされている女性はかなり多いですが、一番の原因はホルモンバランスの崩れが考えられます。
初潮後の1~2年はまだ卵巣の働きが十分でないため、生理不順になりやすいですし、更年期に差し掛かるころもまた、生理不順になりやすいといえます。
初潮になって数年たっても、生理不順が改善されない場合は、子宮や卵巣の発育不全、子宮筋腫や子宮内膜症などの原因も考えられるので、そのような場合は婦人科での検診を受けた方が良いでしょう。
また、生理不順はストレスや環境の変化が原因となることも多く、精神的な悩みが原因で生理が止まることもよくあることです。
正常な生理は25~35日周期で、5~7日間続くのが正常な範囲のものです。これらの範囲を超えていれば生理不順といえます。
西洋医学では、主にホルモン注射やホルモン剤などを服用する治療法が用いられますが、症状によっては排卵誘発剤やピルなどを使うこともあるようです。
ただし、こういった生理不順の治療法は根本的な治療とはいえません。場合によっては体内のホルモンを作る機能が衰え、かえってホルモンバランスを崩す原因にもなりかねません。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

生理不順を治すにはホルモンバランスを整え、余計なストレスをためないことが大切です。
そのためにはバランスの取れた規則正しい食生活を心がけ、十分な睡眠を取る事が必要です。薬に頼るだけでなく、生活面での改善も大切なポイントとなります。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

生理不順の漢方の実例

ひどい生理痛と生理不順で悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善

女性 30歳代 生理痛 生理不順

もともと生理痛や生理不順はあったのですが、最近になって生理痛がひどくなり、悩んでいました。
生理は30日で来ることもあれば、50日くらいの周期になることもあります。
また、最近は冷え性もひどく、手足が冷えてくると、身体全体が氷を抱いているように冷たくなります。
生理痛や生理不順、冷え性などを根本的に改善したいとのことで来店されました。

症状をお聞きすると、血行の悪さやホルモンバランスの乱れが原因と考えられました。
そこで、血の巡りをスムーズにして、ホルモンバランスを整え、生理痛、生理不順、冷え性などなどを改善できるような漢方薬をお出ししました。
一ヶ月の服用で、手足が温まり、冷えが軽くなってきました。
また、生理痛も軽減しています。
漢方薬を服用してからは、生理周期も28日から35日になり、体調も良くなりました。
以前は、生理の時は鎮痛剤を必ず服用していたそうですが、漢方薬を服用してからは服用しなくなったそうです。
とても体調が良いので、漢方薬は今後も続けていきたいとのことでした。

生理不順・不正出血・イライラや落ち込みなどで悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善

女性 22歳代 生理不順 生理痛

就職してからストレスが重なり、イライラしたり落ち込んだりして、精神的に不安定になることが多くなりました。
また、生理周期も28日~40日と乱れるようになり生理後の不正出血が10日くらい続きます。 仕事が忙しいこともありますが、婦人科は行きたくないし、ホルモン剤なども服用したくないそうです。
できれば、漢方薬で自然に改善したいとのことでした。

症状をお聞きすると、仕事上のストレスが多く、そのためにホルモンバランスが崩れて、様々な症状を引き起こしているようです。
そこで、ストレスを和らげ、ホルモンバランスが整うような漢方薬をお出ししました。 もちろん、不正出血も改善できるようにしています。
服用して三日目くらいから、あまりイライラしなくなり、気持ちが落ち着くようになりました。

三ヶ月目には、生理も5日~6日で終わるようになり、不正出血はほぼ治まりました。
生理周期は28日~33日でまだ不順ですが、徐々に改善しています。
漢方薬は、しばらくは服用していきたいとのことです。

生理不順でしたが漢方薬を服用して体質改善、かわいい赤ちゃんを授かりました

女性 31歳 生理不順

結婚三ヶ月目の31歳の女性です。
不妊症と言われたわけではないのですが、生理周期が30日~40日で不順気味です。
生理痛も強く、自分では妊娠しにくいと思っています。
早く子供を授かりたいと思っていたこともあり、ご夫婦で検査を受けました。
ご主人の精子検査の結果は、特に問題はなかったのですが、奥様はやや妊娠しにくいかもしれないといわれました。
自然妊娠を希望されているので、クリニックでの治療はしていません。

冷え性で疲れやすいとうこともあったので、身体を温めて体力を補いながら、生理周期を整える漢方薬をお出ししました。
服用してすぐに、手足が温まってきたそうです。
また、生理痛も楽になり周期は28日~30日で安定してきました。
三ヶ月後に自然妊娠との連絡をいただきました。
その後は、妊娠中でも安心して服用していただける漢方薬をお出ししました。
そして、無事にかわいい女の子を授かることができました。

漢方薬を服用してから、とても順調に来れましたね。
つわりも比較的軽くすんだし、大きなトラブルもなく初産を迎えられて何よりです。
幸せなご家庭を築いてください。

生理周期が20日~40日とバラバラでしたが、漢方薬を服用して改善

女性 30歳代 生理不順

結婚して子供が一人います。
元々、生理は不順気味でしたが、半年くらい前からますますひどくなってきたとのことで、来店されました。
生理周期は20日~40日くらいですが、冷え性で生理痛が強く、生理前になるとすごくイライラするそうです。
胃が弱いので、市販の鎮痛薬は服用しないようにしています。

お話をお聞きしていると、仕事と家事に追われて、毎日が大変だとのことです。
この方にはストレスを和らげて、ホルモンバランスを整えるような漢方薬をお出ししました。
漢方薬を服用した翌日から、身体がポカポカして気持ちが穏やかになってきたそうです。
仕事や家事でイライラすることも少なくなり、その月は生理痛も軽くなりました。
その後は、生理周期も25日~32日くらいで落ち着いています。
漢方薬は、しばらく継続したいとのことです。

生理不順と不正出血が改善しました

現在、婚約中の女性です。
痩せ型で顔色が白く、華奢な感じの方です。
以前から生理周期が35日~45日で、生理前後に10日くらいダラダラと不正出血があります。
生理期間を入れると一ヶ月の内、15日くらいは出血していることになります。
婦人科で検査を受けましたが、ホルモンバランスが悪いので、妊娠はしにくいかもといわれたそうです。
結婚後は、なるべく早いうちに赤ちゃんを授かりたいので、今のうちに改善して、妊娠できるようになりたいとのことでした。

今は、妊娠希望ということではないのですが、このままでは妊娠しにくい状態です。
また、妊娠できたとしても、流産のリスクもあるかもしれません。
この方には、体力を補いながらホルモンバランスを整えること、そして、不正出血が改善できるような漢方薬をお出ししました。
服用した翌日から、身体が温かくなってきたそうです。
また、その月は生理痛が軽くなり、生理時にいつもあった血塊が少なくなりました。
三ヶ月の服用で、不正出血がほとんど止まりました。
その後の服用で、生理周期も28日~33日で落ち着いています。
漢方薬は、結婚してからも続けたいとのことでした。

この調子でいければ、自然妊娠の期待も持てますね。
結婚して、早く赤ちゃんが授かるといいですね。

これまでの実例→

女性のための漢方