不正出血|女性のための漢方

漢方医学

漢方では不正出血は、おもに「血」の異常と考えています。
女性には生理があるため、「血」の流れが悪くなりやすい傾向があります。この状態を漢方では、「お血(オケツ)」といっていますが、不正出血、生理痛、不妊症などの原因となります。
漢方治療としては、「血」をきれいにして流れをよくする漢方薬を用います。また、ホルモンバランスを整えたり、不正出血によって失われた血を補ったり、止血作用のある漢方薬で不正出血を止める事ができます。
もう一つの原因として、ストレスや環境の変化があります。ストレスを和らげる漢方薬をもちいることによって、ホルモンバランスを整え不正出血を改善します。
不正出血の原因が生理的なものであったり、子宮筋腫(鶏卵の大きさより小さいもの)などであれば、漢方薬での治療は可能です。症状に適した漢方薬を服用すれば、身体に負担をかけずに治療することができます。
また、ホルモン剤を長期に服用した場合にはガンになりやすくなるという報告もありますから、特に不正出血が重篤な症状でなければ、漢方を試す価値は十分にあるでしょう。予想外の効果が得られるケースも決して少なくありません。
考えられる病気:
トリコモナス膣炎、子宮ガン、卵巣ガン、子宮筋腫、子宮頚管炎、卵管炎、胞状奇胎、絨毛ガン、流産、子宮外妊娠

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

不正出血とは、生理以外の異常な出血をいいます。 不正出血というとガンではないかと疑う方も多いと思いますが、不正出血は様々な原因でおこります。
思春期から20歳前後の不正出血ではホルモン異常(甲状腺機能異常、内分泌異常)が疑われます。また、無理なダイエットなどでも不正出血になることがあります。
妊娠可能な年齢での不正出血は、妊娠に関係したものとそうでないものがあるので、はっきりと区別する必要があります。
性生活のある場合の不正出血は、子宮頸がんや子宮体がんの可能性もあります。また、子宮筋腫や子宮外妊娠なども考えられますので、いずれにしろ病院などでの検査を受けることをおすすめします。
また、閉経後に突然不正出血を起こすことがあります。この場合子宮ガンが原因となっていることもありますので、漢方治療を受ける前に病院などでの検査を受けることをおすすめします。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

不正出血のある方は、下半身の冷え対策も必要です。素足でいたり、ミニスカートや足腰を冷やすような薄着は避けるようにしましょう。
食事は、冷たい飲みもの、刺身、生野菜、果物など身体を冷やすものは避けるようにしましょう。

実例はこちら↓

日常生活

不正出血の漢方の実例

長年治らなかった不正出血の症例

数年前に不正出血になり、病院でホルモン剤を処方されました。一時はよくなったのですが、再び不正出血になり不安定な状態になってしまいました。 
悩んでいたところに当店のホームページをみて、漢方で治療したいとのことで来店されました。
やせ型で冷え性、疲れやすいです。神経質でイライラ、不安感があります。生理以外の日でも腹痛があります。
この方は虚弱タイプで、気と血のめぐりの悪さがホルモンバランスを崩し、不正出血を引きおこしていると考え漢方薬を処方しました。
一ヶ月の服用で、不正出血はだいぶ改善されてきたとのことでした。冷えやイライラなどの症状もよくなっているとの ことです。
そこで、もう一ヶ月分、同じ漢方薬を処方しましたが、2ヶ月目の服用が終わる頃に、不正出血が再発したとのことでした。
症状をうかがうと、イライラや不安感は感じないものの、冷えや立ちくらみがあるとのことでした。そこで、今度は血を補い、冷え性体質を改善し、止血効果の高い処方に変更して 様子をみることにしました。
2ヶ月で不正出血も止まり、その後5ヶ月の服用で冷え性や疲れやすさもだいぶ改善されてきたので、服用を中止しました。

ホルモンバランスの崩れによる不正出血の症例

20代の頃から不正出血で悩んでいます。病院で検査しても特に異常はなく、ホルモンバランス の崩れが原因とのことでした。
生理が終わって7~10日位すると、少量の出血が始まります。
体格は普通、冷え性で血圧が低く、ときどき立ちくらみがあります。生理周期はバラバラで生理痛も強いとのことです。
この方には、血を補いホルモンバランスをととのえて、不正出血を改善する漢方薬を処方しました。
一ヶ月の服用で、出血の回数が減ってきたとのことでしたので、同じ漢方薬を続けて処方しました。
4ヶ月で不正出血は完全に止まり、冷え性体質も改善し生理も30日前後で定期的になりました。その後、半年ほどこの処方を服用し、ほとんど 症状が改善し、体調もよくなったので、服用を中止しました。

ホルモンバランスの崩れた不正出血が漢方で改善しました

女性 33歳 不正出血

33才の女性ですが20代の頃から不正出血で悩んでいます。病院で検査しても特に異常はなく、ホルモンバランスの崩れが原因とのことでした。生理が終わって7~10日位すると少量の出血が始まります。

体格は普通、冷え性で血圧が低く、ときどき立ちくらみがあります。生理周期はバラバラで生理痛も強いとのことです。

漢方薬でも不正出血が改善することを知り、服用したいとのことでした。

一ヶ月の服用で出血の回数が減ってきたとのことでしたので、同じ漢方薬を続けておすすめしました。

4ヶ月で不正出血は完全に止まり、冷え性体質も改善し生理も30日前後で定期的になりました。

その後、半年ほどこの漢方薬を服用してほとんど 症状が改善し、体調もよくなったので服用を中止しました。

バラバラだった生理周期と冷え症が漢方で改善しました

女性 不正出血

やせ型で貧血、冷え性です。一ヶ月のうち25日くらいはダラダラと生理が続くとのことでした。

便通は一日一回ですが、小便が近いです。頭痛もひんぱんにあるとのことでした。血圧は普通。肩こりが強く夏場は特に疲れやすいとのことです。

たまたま見ていたテレビで、漢方薬が更年期に効果的だということを知り、来店されました。

漢方薬の服用を始めて一ヶ月した頃には、出血もだいぶ治まり、調子が良いとのことでした。

その後、6ヶ月を過ぎる頃には生理も4~5日で終わるようになり、不正出血も治りました。同時に、冷え性もだいぶ改善されたので漢方薬の服用を中止しました。

妊娠後の腹痛、不正出血が漢方で改善して安定期に

女性 41歳 不正出血

過去に2度妊娠しましたが、いずれも初期に流産しています。当店で、妊娠に向けた身体づくりをしたいとのことで、漢方薬を服用しはじめました。六ヶ月後に体外受精で妊娠することができました。ところが、その直後から腹痛と出血が続くようになりました。病院では特に説明もなく、なるべく安静にするように言われたそうです。

本人は、過去に流産の経験もあることから、とても不安そうでした。できる範囲でのアドバイスをして、体調管理と不正出血を改善できるような漢方薬をお渡ししました。その後は、腹痛や不正出血も治まり安定期にはいりました。

高齢の方の妊娠は様々なリスクを伴います。状況に応じた漢方薬を用いることで、こうしたリスクを回避できることもあります。

女性のための漢方