無月経|女性のための漢方

漢方医学

漢方では無月経を「血」の異常や「腎」の機能低下と考えています。
血の流れが滞ったり、血が不足して身体に栄養がいきわたらなくなると、子宮や卵巣の機能が低下します。そのため、体に生理になる余力がなくなり、無月経になります。
漢方治療としては、血流をよくしたり、不足した血を補うような処方を用います。
また、過剰なストレスを受けることで、血を巡らすエネルギーが不足し、無月経になることもあります。
このような時は、ストレスを和らげるような漢方薬を用います。
これらの理由以外に、「腎」の機能低下で無月経になることがあります。漢方で「腎」とは、腎臓や膀胱、子宮や卵巣などの生殖器を含めたものをいいます。
この「腎」の働きを高めることで、子宮や卵巣の働きが改善し、正常な生理がくるようになります。
漢方は本人の症状にあわせて、血や気、腎の状態を改善します。その結果、ホルモンバランスが調い、身体に受けるストレスが緩和され、自然に生理が始まるようになります。
西洋医学的な治療に比べて時間はかかりますが、根本的な体質改善をすることができます。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

最近、無月経の相談を受けることが多くなりました。この原因にはいくつかのことが考えられます。
毎月、約28日の周期で来るのが標準的な生理です。この生理が 、妊娠以外の理由で3ヶ月以上止まってしまった状態を無月経といいます。
無月経には原発性無月経と続発性無月経があります。原発性無月経は18歳になっても初潮がこないというもので、原因としてはホルモンバランスの異常、ストレス、子宮や卵巣の発育不全などが考えられます。
続発性無月経とは、いままであった生理が3ヶ月以上 止まってしまったものをいいます。
原因としては原発性無月経と同じように、ホルモンバランスの異常やストレス等もあるのですが、最近多く見られるのが無理なダイエットや過労によるものです。
女性は、社会に進出する機会が多くなりました。そのため、過剰なストレスや仕事、勉強による疲労でホルモンバランスを崩してしまい、生理が止まってしまったというケースも多く見られます。
西洋医学では無月経にホルモン剤を使う治療が行われます。また、精神的な要素が強いときには、カウンセリングなどを行うこともあります。
しかし、本来は体内でつくられるべき女性ホルモンを、いつまでも外から与えているだけでは根本的な治療とはいえません。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

無月経を治すにはホルモンバランスを整え、余計なストレスをためないことが大切です。
そのためにはバランスの取れた規則正しい食生活を心がけ、十分な睡眠を取る事が必要です。薬に頼るだけでなく、生活面での改善も大切なポイントとなります。
女性ホルモンを作るのに、鶏肉、サンマ、乳製品、大豆製品、木の実などが有効です。

実例はこちら↓

日常生活

無月経の漢方の実例

生理の回数が少ない状態から無月経になった症例

この方は以前から、2~3ヶ月に一度の間隔でしか生理がありませんでした。ところが、2年ほど前から生理の量が少なくなり、さらにこの半年間はまったく生理が止まってしまったということで来店されました。
婦人科ではホルモンバランスが悪いとのことで、ホルモン剤を服用していましたが、まったく効果がありません。
体形は肥満型で、のぼせやすく汗をかきやすいです。血圧が高めで、手足はほてります。胃が弱く、病院で処方された薬で、胃がもたれたり痛くなったりするとのことでした。仕事上のストレスが多く、イライラしがちです。
この方は漢方的には、身体に熱を持っていて血流が悪くなっている状態。また、ストレスからホルモンバランスの崩れがあると考えられます。
そこで、子宮や卵巣の過剰な熱をさます処方と、ストレスを和らげ血流をスムーズにする処方を併用して様子を見ることにしました。
2ヶ月後の様子では、今までなかったオリモノが見られるようになってきました。その後も同じ処方を続け、4ヶ月目に少量の生理があったとのことでした。 その後も、少しずつ生理が調うようになり、のぼせやイライラなどの症状もだんだん改善されてきました。
漢方の服用を始めて8ヵ月後には、ほぼ毎月生理が来るようになりました。

妊娠後に無月経になった症例

昨年、一人目のお子さんが生まれてから生理が止まっているとのことで相談を受けました。
二人目のお子さんを希望していますが、このままでは妊娠できるか不安があります。現在、ホルモン治療を受けていますが、できれば漢方薬も併用して二人目のお子さんを授かりたいとのことでした。
中肉中背で冷え性体質です。胃腸が弱く下痢をしやすいです。イライラすることが多く憂うつ感があり、怒りっぽいとのことでした。
この方は、出産してから生理が止まっているとのことなので、身体の血液循環が悪く、ホルモンバランスが崩れていると考えられました。
そこで、血をきれいにして血流をよくする漢方と、身体を温め低下している子宮や卵巣の働きを改善する漢方薬を処方しました。
漢方薬を服用して、2ヵ月後には生理が来ました。さらに3か月分を服用したところで、生理周期がほぼ正常になったので、周期療法という漢方の不妊治療に切り替えることにしました。
まだ妊娠はしていませんが身体の冷えや、胃腸虚弱も改善されてきて体調もかなりよくなっているとのことで引き続き周期療法を行っています。

女性のための漢方