花粉症|女性のための漢方

漢方医学

漢方では、こういった花粉症の症状を「水毒」として考えています。つまり身体の中の余分な水が、花粉やハウス・ダストをきっかけにして、くしゃみや鼻水となり身体の外に排出しようとするのです。
漢方を服用することによって、こういった余分な水分は、副作用なく汗や小便として体外に排出され、花粉症の原因となっていた「水毒」体質もじょじょに改善されてきます。
花粉症の根本的な体質改善として、免疫力を高める漢方薬もあります。 この薬は粘膜を強化して免疫力を高め、細菌や花粉などの「外敵」の侵入を防ぎます。
こうした漢方薬は花粉症に効果があるだけでなく、風邪などからも身体を守ってくれます。 
根本的に自己免疫力を高める漢方薬を用いることで、花粉症にかかりにくい体質に改善することも出来るので、花粉症でお悩みの方は、漢方薬を試してみるのもよいと思います。
花粉症に用いる漢方薬は西洋薬と違い胃にもたれたり、眠くなるなどの副作用がほとんどないのも特徴の一つといえます。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

花粉症は、男性よりも女性に多く見られます。花粉症は、最近日本では急激に増加している病気です。
スギやブタクサの花粉、又はハウス・ダストなどに過敏反応するアレルギー疾患で、現在一千万~二千万人が花粉症に悩まされているといわれています。
どうして最近になって、こんなにも花粉症の人が増えてきたのでしょうか。原因としては現代人の免疫力の低下や環境の激しい変化が考えられます。
花粉症の症状としてはくしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみや充血などで、いったん発作が始まると仕事や勉強に集中できなくなり、やる気がなくなるといったケースも見受けられます。
花粉症の病院の薬や市販の抗ヒスタミン薬では根本的な治療にならないばかりか、胃がもたれたり、眠くなったり、口が異常に渇いたりして、かえってつらくなることもあるようです。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

花粉症になりやすい「水毒」体質の人が、冷たい食べ物や飲み物を過剰にとると、身体の中の余分な水分をもっと作り出すことにな ります。
原因になるこれらの食べものを、なるべくひかえることによっても症状が軽くなります。
日ごろの花粉症対策としては、ストレスをためないように心がけてください。
免疫力を高める食品としては、ビタミンB6を多く含むレバーや豆類、サツマイモなどと、ビタミンCを多く含んでいるブロッコリー、レモン、イチゴなどを摂るようにしてください。

実例はこちら↓

日常生活

花粉症の漢方の実例

新薬で胃を悪くした花粉症の症例

毎年、2月ごろになると花粉症に悩まされるとのことで来店しました。
花粉症の症状はクシャミ、鼻水、鼻づまりだったのですが、最近は朝から目が充血やかゆみがひどく、さらにのどの痛みや頭痛、肩こりまでするようになってきたそうです。
花粉症の症状は毎年ひどくなる一方で、新薬は胃もたれがひどくて最近ではあまり服用することができないとのことでした。
体格は中肉、中背です。もともと胃は弱くはないのですが、市販の花粉症の薬を続けて服用していたら、胃がもたれやすくなったとのことでした。 ただ、日ごろから果物が大好きで、毎日ミカンやリンゴなどを良く食べています。
この方は、中間タイプですが果物を多く食べていることで、胃が冷えていると判断しました。
そこで、胃が冷えている原因の水分を体外に排出し胃を温め、花粉症の症状を改善する漢方薬を処方しました。
15日後に来店したときには、クシャミや鼻水と共に目の充血やかゆみが大分和らいだとのことでした。のどの痛みや頭痛はまだありましたが、一ヵ月後にはこうした症状もかなり改善しました。

風邪をひきやすい方の花粉症の症例

花粉症で、鼻水やクシャミだけでなく、のどがイガイガして咳が出るようになってきたとのことで来店しました。
朝が特にひどく、目が覚めるとしばらくはクシャミ、鼻水、咳などの症状が続きます。
冷え性で疲れやすく頭痛があります。また、風邪をひきやすく季節の変わり目や気温が下がったときなどは、すぐに風邪をひいてしまうとのことです。
この方は、冷えだけでなく身体全体の抵抗力が弱っていると考え、身体を温めると同時に免疫力を高める漢方薬を処方しました。
一ヵ月後の来店時には、花粉症の発作や咳は8割がた治ったとのことでした。
その後も、同じ処方を続けて服用していただきました。
3ヵ月後には、身体がとても温かくなって、寒い日でも以前のようにすぐに風邪をひくことはなくなったとのことです。

女性のための漢方