円形脱毛症|女性のための漢方

漢方医学

漢方では、円形脱毛症は「気」または「血」の流れが悪くなっている状態と考えています。
したがって、漢方処方も「気」、「血」の流れをよくするような処方が用いられます。
「気」は、生命のエネルギーで体内の調節をします。「血」は血液と血液の働きをいいます。
比較的虚弱タイプの方で、イライラが強く、のぼせがあり、へその近くで動悸を感じるような方には、「気」の流れを改善する漢方薬を用います。
「血」の流が悪いケースでは、円形脱毛症の症状の他に、肌あれ、目の下のクマ、情緒不安定、生理異常を訴えるケースが数多く見受けられます。このような時は「血」の流れをよくする漢方薬がよく用いられます。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

突然に何の前触れもなく、髪の毛が丸く抜け落ちるのが円形脱毛症です。年齢的には20代~40代の方に多く発症します。
一ヶ所だけ抜ける単発性が多いのですが、数ヶ所に発症する多発性のものもあります。また、多発性の患部が結合して頭部全体が抜け落ちてしまう、全頭性の脱毛症もあります。
円形脱毛症の原因はさまざまなものが挙げらています。ストレス、ホルモン異常、自律神経の失調、精神的ショックなどですが正確なところは、まだはっきりとはわかっていません。
しかし、精神的なものが原因していることが多いように思えます。
西洋医学の円形脱毛症の治療は、副腎皮質ホルモンの外用剤などを塗ったり、紫外線を照射する治療法などがあるようですが、てこずるケースもかなりあります。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

円形脱毛症は、あまり気に病むと返ってストレスをためてしまいよくありません。
日ごろから余計なストレスを溜め込まないように、軽い運動や、趣味の時間を作るようにしてストレス発散を心がけることも大事です。
また、食生活についてですが白糖、インスタント食品、肉類などは「血」の流を悪くする原因となるのでなるべくなら避けたいものです。
骨まで丸ごと食べられる小魚はカルシウムが豊富で精神を安定させ、ストレスにもよい食べ物です。
わかめや昆布などの海藻類はビタミンやミネラルが多く含まれ、昔から髪によい食べ物として知られています。また、牡蠣やシジミなども亜鉛やミネラル、タウリンなどが多く含まれています。
漢方薬を服用しながら、こういった食事を多く摂るように心がければ、より早い効果が期待できます。

実例はこちら↓

日常生活

円形脱毛症の漢方の実例

円形脱毛と精神不安の症例

長いこと円形脱毛症に悩まされていた女性です。発症したのは一年ほど前でした。病院に通院するだけでなく 、さまざまな治療を試みてきました。ところが、どの治療方法もほとんど効果が見られませんでした。
知人から漢方薬を試したら、と勧められて来店されました。頭部を見せていただくと、かなり大きな脱毛が数箇所にできています。
のぼせ症で顔がやや上気したようにみえます。神経質でイライラしやすく、不安感もあります。汗をかきやすく、特に顔や頭部に汗をかきます。寝つきも悪く、熟睡できない日が多いです。肩こりが強く、動悸も時々あります。
虚弱タイプの体質で神経質、のぼせなどの症状が見られたので、これらの症状に適した漢方薬を30日分処方しました。
一ヵ月後に来店したときにはうぶ毛がみられるようになり、4ヶ月でほとんど目立たなくなりました。

女性のための漢方