便秘|女性のための漢方

漢方医学

漢方では、ガッチリタイプの便秘の人は一日でも便通がないと苦痛を伴いますが、虚弱タイプの便秘の人は4,5日便通がなくても平気でいます。
ガッチリタイプの便秘には強い下剤作用のある漢方薬を用いますが、さらに緊張して起きる便秘には、緊張を解きリラックスする漢方薬を用いることもあります。
虚弱タイプの便秘は、便がウサギのふんのようになることが多くあります。このような方は腸管を潤し、胃腸の働きを強め腸の蠕動運動ゼンドウウンドウを促す漢方薬を用います。
病院で処方してもらったり、自己判断で市販の下剤を使ったりして、激しい腹痛や下痢をしてしまうといった話を聞くことがあります。
漢方では便秘に必ずしも下剤を使うわけではありません。腸の働きをよくしたり、乾いた腸を潤すことで、自然な便通をつけることもできます。基本的には腹痛も下痢もなく、自然な通じをつけることが目標になります。
もし、今現在、便秘で悩んでいたり、服用している下剤が身体にあっていない方は、一度漢方を試すことをおすすめします。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

便秘に悩まされているという方は、以外と多いのではないでしょうか。
特に女性の場合は、子宮や卵巣があるため構造的にも便秘になりやすく、炎症があったりするとますます便秘になります。また、年配の方は腸の働きが衰えてきて 、便秘しやすい体質になります。
便秘は西洋医学で、二通りに分けられています。一つは弛緩性便秘と呼ばれているもので、便を送り出す力が弱くて起きる便秘で、太くて硬い便が出ます。
もう一つは痙攣性便秘で、大腸が緊張して便がスムーズに移動できずに起きる便秘で、便はウサギのふんのように小さくコロコロしています。
西洋医学では、弛緩性便秘には下剤を用い、痙攣性便秘には軽い作用の整腸剤を用いています。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

一日一回は、トイレに座る時間をつくり、習慣づけるようにしましょう。我慢しないようにしてください。
食事を3回きちんと摂りましょう。特に、朝食はぬかないようにしましょう。
食事には、ごぼう、レンコン、いも類、海藻などの繊維質の多いものをとるようにしましょう。
ヨーグルト、乳酸菌を含むものもおすすめです。

実例はこちら↓

日常生活

便秘の漢方の実例

妊婦の便秘の症例

この方は、当店で不妊症の漢方薬を服用していたのですが、そのかいあって妊娠することができました。もともと便秘症だったのですが、妊娠してから便秘がひどくなったとのことで相談を受けました。
妊娠初期はなるべく便秘薬は使用しないほうがよいので、食事による指導や生活上のアドバイスをして様子を見ることにしました。
数日後に来店した話では、相変わらず便秘が続き、つわりもひどくなってきたとのことです。40歳で初めて妊娠したという不安もあって、かなり神経質になっています。
つわりに効果のある漢方薬を処方しました。便秘についても、妊婦さんでも安心して服用できる便秘薬を処方しました。
翌日、つわりも楽になり、便通も気持ちよくついたとのお電話をいただきました。その後はつわりも楽になり、便秘も改善して元気な赤ちゃんを出産しました。

糖尿、高血圧の方の便秘の症例

ひどい便秘症ということで来店されました。自然に便通がつくことはなく、3日に一回、市販の強い便秘薬を服用しています。しかし、だんだん量を増やさないと効果がなくなってきたので、不安になり漢方を試したいとのことでした。
肥満体型で、糖尿病、高血圧です。のぼせやすく汗もかきやすいとのことでした。糖尿病や高血圧を改善する意味でも、体重を減らしたいのですが、そのためには、まず便秘を治したいとのことでした。
この方はガッチリタイプだったので、腸に潤いを与え便秘を改善し、脂肪の代謝をよくする効果の漢方薬を処方しました。また、食事や生活上のアドバイスもさせていただきました。
15日後の来店時には、市販の便秘薬を服用しなくても便通がつくようになったが、まだ便通の出が悪いとのことでした。
そこで、便秘に効果のある生薬を増やして処方しました。次に来店したときには、毎日気持ちよく便通がつくようになったとのことでした。その後、しばらく同じ処方を続けて服用し、血糖値や血圧も少しずつ安定して体重も68kgから61kgまで減量することに成功しました。

女性のための漢方