耳鳴り お身体の悩み

漢方医学

実際には、特に原因のわからない耳鳴りも多く見られますが、このようなときは漢方薬が 意外な効果を発揮するケースが多いです。
耳鳴りは、水分代謝がうまくいかずに、三半規管などに余分な水がたまり起きるケースが 多いのですが、漢方ではこうした過剰な水分を調整する漢方処方を用いることで改善してい きます。
また、老化からくる耳鳴りも?よく見られるケースです。老化からくる耳鳴りは腎虚といっ て、腎機能(泌尿器や生殖機能)の衰えた状態といえます。このような時は、漢方では 「補腎薬」といって「腎」の働きを補う処方を用います。
補腎薬は耳鳴りだけではなく、腎臓や膀胱の働きを改善し、強壮効果や若返りの効果もあ るといわれています。
また、ストレスや精神的な緊張が原因となっている耳鳴りもよくみられますが、このよう なときは精神的な緊張を和らげるような漢方薬を用います。
耳鳴りは完治がむずかしい病気といえます。しかし、体質に合った漢方薬を服用すること で、症状が気にならないくらいに軽くなることもあります。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

実際は何も音がしていないのに、耳の中で音がしている状態を耳鳴りといいます。
耳鳴りは、中耳炎や内耳炎など耳の病気があるときにもよく見られます。この場合は 「ザー」という低音の耳鳴りが聞こえることが多く、めまいや難聴、耳のつまった感じ を伴うことがあります。
メニエール病や突発性難聴の耳鳴りの場合は「キーン」という金属音の耳鳴りが、めま いや吐き気を伴って起きることがあります。
また、高血圧や低血圧、脳腫瘍などの血管障害や、ストレスや精神不安などが原因で 起きることもあります。このときは、「ジー、ジー」というセミの無き声のような耳鳴り で頭痛や肩こり、不眠などを伴うケースが多く見られます。
耳鳴りの仕組みについては、まだ不明な点も多く、西洋医学でも治療が難しいのが実状 です。
西洋医学では、原因となる病気がわかっていればその病気を治療しますが、原因不明の 耳鳴りの場合はビタミン剤や安定剤による治療が行われます。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

日常生活についてですが、耳鳴りを改善するには、まず体調を整えることが大切です。
過労や寝不足をさけて、十分な睡眠時間をとるようにしましょう。
ストレスも耳鳴りの引き金となっていることがあります。軽い運動や趣味などでストレス を発散する時間を作るようにしてください。
また、食事は栄養バランスに気を配り、3食規則正しく取るようにしてください。冷たい飲食物、水分のとり過ぎに注意しましょう。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

耳鳴りの漢方の実例

ストレス性の耳鳴りの症例

女性 33歳 耳鳴り

最近、耳鳴りに悩まされているとのことで来店されました。
痩せ型で冷え性、疲れやすく血圧が低いです。胃がもたれやすく、空腹時には胃が痛む ことがあります。食欲も不振とのことでした。病院で検査をしても特に原因は判らないと のことです。
耳鳴りが始まって3ヵ月くらい経ちますが、改善する様子はありません。
この方は、仕事上のストレスなど多く、また神経質でイライラしやすかったので、虚弱 タイプに用いる処方で、耳鳴りだけでなくストレスを和らげる漢方薬を処方しました。
この漢方薬を服用するようになって3ヵ月後には、耳鳴りが以前のように気にならなく なってきました。さらに六ヶ月後には、全く気にならないというところまで改善しました。
また、以前ほど?イライラすることもなくなったとのことです。

高血圧と耳鳴りの症例

男性 55歳  耳鳴り

2年前から、左の耳にキーンという耳鳴りがするようになりました。かかりつけの病院 や近所の耳鼻科で治療を受けていましたが、症状が変わらないため来店しました。
見た目は、肥満型で健康そうな方です。神経質でイライラしやすく血圧が高いとのこと でした。
めまいや立ちくらみもよくします。目が疲れやすくショボショボします。また、便秘が あり、のぼせ症とのことでした。
この方はガッチリタイプと判断しました。漢方薬は神経を安定させて血流をよくする効 果のあるものを処方しました。
漢方薬の服用を始めて一ヶ月が経っても、あまり変化が見られないとのことでした。相 変わらず耳鳴りはひどいようです。しかし、目の疲れやめまいは楽になっているとのこと でした。
そこでもう一ヶ月、同じ漢方薬を服用していただきましたが、今度は耳鳴りがいくらか 楽になっているとのことです。その後も同じ処方を服用していただきました。
耳鳴りは少しずつよくなり、6ヶ月後には耳鳴りはほとんど気にならないくらい改善し、 血圧も以前よりは安定してきたとのことです。

難聴を伴った耳鳴りの症例

女性 46歳 耳鳴り

この方は、長いこと耳鳴りや難聴、耳の塞がった感じに悩んでいましたが、当店のホームページを見て、漢方でよくなればと思い来店されました。
中肉中背、疲れやすく胃が弱い方です。病院で検査を受けても特に異常は見つからないとのことでした。
いろいろと症状をうかがって漢方薬を処方しましたが、3ヶ月経っても何も変化が見られませんでした。そこで、別の処方に変えて様子を見ることにしました。処方を変えて一ヶ月後には耳鳴りが軽くなったとのことでした。
その後も同じ処方を服用していますが、耳鳴りは8割くらいまで改善し、耳の塞がる感じもあまり気にならないとのことです。

お身体の悩み