不眠症 | お身体の悩み

漢方医学

漢方には西洋薬のような副作用の心配はなく、安心して服用することができます。ただし睡眠薬や安定剤のような即効性は期待できないので、ある程度の期間服用しなければ効果がありません。しかし、漢方薬のよさは不眠症そのものを一時的にではなく、根本から改善できる点にあります。
不眠症に対しても、漢方の場合ガッチリタイプ、中間タイプ、虚弱タイプの体質に分けることができます。ガッチリタイプの不眠はもともと健康な人が、食べすぎや飲みすぎで栄養過剰となり、その結果、のぼせ、興奮しやすい、イライラなど身体に熱がこもって不眠となるケースです。この時は熱を冷まし、神経を安定させる処方をつかいます。
また、虚弱タイプは体が弱く疲れやすい人、長期に心労が続いている人、病み上がりの人、産後の人、高齢者などが過剰なストレスを受けたときなどに不眠になるケースです。この時は体力を回復させて、精神を安定させる処方を使います。
中間タイプはガッチリタイプでも虚弱タイプでもなく、まさにその中間にある場合です。
自分の体質に適した漢方処方を服用すれば、季節に関係なく熟睡を得ることができます。それほど重症でなければ、新薬に頼る前に漢方薬を試すことをおすすめします。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

最近、市販の睡眠薬のコマーシャルをよく見かけます。販売元の製薬会社も、おもわぬ反応の大きさに驚いていると聞きます。
不眠症で悩んでいる方は、非常に多く、とくに精神的なストレスが原因にあげられます。
不眠症のタイプには、次のようなものがあります。
●ストレスによる不眠症
A.生活のリズムの乱れから起こる不眠症(時差ボケ、夜勤勤務など)
B.神経症による不眠症
C.薬物やアルコールなどの依存症による不眠症
D.脳血管障害による不眠症
などに分けられます。
治療としては、睡眠薬や精神安定剤が用いられます。効果はよく、即効性があるのですが、副作用として習慣性や依存症、肝臓障害を起こしやすくなります。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

不眠症には、寝るのにリッラクスすることが、大切です。入浴するときには、ぬるめの湯にゆっくり入り、一日の疲れをとりましょう。静かな音楽を聴くのもよいでしょう。
カルシウムには、神経を鎮める効果があります。寝る前に温かい牛乳などを飲むのもよいでしょう。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

不眠症の実例

老化による不眠症の症例

男性 72歳 不眠症

この方は、以前にひどい腰痛で、当店の漢方薬を服用していたのですが、腰痛はすっかりよくなったものの、最近になって不眠に悩まされるようになりました。
寝つきか悪く、熟睡できないとのことでした。ひどいときは、明け方になっても寝付くことができず、つらいとのことです。
やや細身の男性ですが、腰痛が改善してからは散歩などをしてよく歩くように心がけているので、体力はあるほうです。胃腸も丈夫です。
この方は、比較的体力もあり、中間タイプと判断して精神的な緊張感を和らげて、自然に眠れるような漢方薬を処方しました。
一ヶ月の服用で、以前よりは熟睡できるようになったとのことです。しかし、まだ寝つきは悪いとのことでした。このまま同じ処方を継続して、3ヶ月~4ヶ月をすぎることには、寝つきもよくなり毎日熟睡できるようになりました。

ストレスによる不眠症の症例

女性 27歳  不眠症

この方は仕事上、人に気を使うことが多く、もう半年以上寝つきが悪く、不眠症が続いているとのことで来店されました。病院で処方してもらった睡眠薬を半年以上服用していますが、最近ではあまり効果が見られないとのことです。
痩せ型で神経質、ストレスで胃が痛くなります。血圧が低く疲れやすいです。生理不順で、ときには2ヶ月間生理が来ないこともあります。神経質でイライラも強いのですが、気が沈んだり、不安感も強いとのことでした。時々強い頭痛があります。
この方は典型的な虚弱タイプの不眠症と判断して、ストレスを和らげ寝つきをよくすると同時に、胃痛にも効果のある漢方薬を処方しました。
一ヵ月後に来店したときには、だいぶ顔色がよくなっていました。ご本人の話でも、以前より緊張感が薄れ、睡眠薬に頼らなくても寝られるようになってきたとのことです。胃痛もなくなり、強いストレスも以前ほどは感じなくなりました。その後、約一年間同じ漢方薬の服用で不眠症は改善され、睡眠薬を服用しなくても眠れるようになりました。

環境の変化による不眠症の症例

女性 53歳  不眠症

2ヶ月前に生活環境が変わり、その後不眠症に悩まされているとのことで来店されました。 病院でも安定剤と睡眠薬を処方されて服用していますが、副作用の不安もありなるべくなら使いたくないとのことです。

体型は痩せ型でのぼせ症です。神経質でイライラしやすく、不安感も強いとのことでした。この方は虚弱タイプと判断して、精神を安定させて自然に眠れるようになる漢方を処方しました。

一ヶ月の服用で、気持ちも落ち着いて不眠症もやや改善してきたとのことなので、同じ処方を継続していただきました。しかし、一ヵ月後の来店で症状をうかがうと、不安感が元のようになり眠れなくなったとのことでした。睡眠薬の服用量も増えているとのことです。顔色もあまりよくありません。そこで、ストレスを和らげ、不眠症を改善する別の処方に変更しました。

一ヵ月分の服用後に症状を聞くと、以前よりもよく眠れるようになり睡眠薬の服用量も減ってきたとのことでした。このまま、同じ処方を継続し半年後には、睡眠薬に頼らなくても寝られるようになったとのことです。

不眠とうつ症状で悩んでいたのですが、漢方で改善

男性 44歳  不眠症

数年前にうつ病になったことがあります。 その時は、病院で処方された薬を服用して良くなりました。 ただ、新薬は気持ち悪さとムカつきが酷く、胃にかなり負担がかかっていました。 数ヶ月前から、また不眠とうつ症状に悩まされるようになりましたが、できれば病院の薬は服用したくないとのことです。

夜は寝つきが悪く、やっと寝付いたとしても2時間くらいで目が覚めてしまい、その後もなかなか寝付くことができません。 そのため、日中はいつもボーッとしてしまい、仕事も集中できません。 できれば、漢方薬を試してみたいとのことで来店されました。

漢方薬を服用して1ヶ月後、早朝に目が覚める回数が減ってきたとのことでした。 ただ、寝つきの悪さやうつ症状はあまり変化が見られません。 そのまま、同じものを継続していただきました。 2ヶ月を服用し終わる頃には、寝付きも良くなり気持ちの落ち込みも以前より明らかに改善されています。

その後も同じものを半年継続しましたが、症状がほぼ改善されたとのことなので、薬の服用を中止しました。

こうした精神的な症状に用いる漢方薬は、病院で処方される薬のような強い作用はありませんが、副作用の心配が少なく安心して服用することができます。 また、自然に改善することが可能です。

毎年、春先になると動悸、不眠、胸部の痛みなどで悩んでいました

男性 42歳  不眠 動悸 胸部の痛み

いつも春先になると、急に動悸がしたり、夜眠れなくなったり、寝ていると急に胸が痛くなって、目が覚めるなどの症状で悩んでいました。
以前病院へ行ったことがありますが、自律神経のバランスが悪いと言われたそうです。
処方された薬をしばらく服用していましたが、あまり変わらないので、いつの間にか服用をやめてしまいました。

症状をお聞きしたうえで、自律神経のバランスを調えて、動悸や不眠などの症状が改善できるような漢方薬をお出ししました。
半月分を服用ししたら、動悸や夜中の胸の痛みが、かなり軽くなってきたとのことです。
さらに同じ漢方を継続していますが、日ごとに改善されています。
夜もよく眠れるようになり、調子が良いそうです。
漢方薬は、現在も続けて服用されています。

寝つきが悪く熟睡できませんでしたが、漢方薬を服用してから改善してきました

女性 80歳  不眠

80歳の女性です。
以前から不眠症で、病院で薬を処方されていました。
今までは眠れていたのですが、最近は眠りが浅く夜中に目が覚めます。
一度目が覚めるとなかなか寝付くことができないそうです。
また、年齢のせいか物忘れが酷く、気分が落ち込むことも多くなってきたとのことでした。
病院の医師は、さらに強い薬を処方しようとしたそうですが、ご本人は不安があるので断ったとのことでした。
できれば漢方薬を併用して、自然な睡眠を取り戻したいとのことです。

この方には、気持ちを落ち着かせて自然な睡眠のリズムが調うような漢方薬をお出ししました。
一ヵ月後には、誘眠剤の量を減らしても眠れるようになったとのことでした。
以前より食欲も増して、気が沈むこともなくなってきたそうです。
また、物忘れも改善しているそうです。
その後も、調子が良いとのことから同じものを続けて服用されています。
夜もよく眠れるようになり、気持ちも落ち着いて、毎日がおだやかに過ごせるようになっているそうです。
とても喜んでいられました。

高齢になると、寝つきが悪くなったり、熟睡することができなくなったりするケースが多くみられます。
体質に合った漢方薬は、副作用の心配も少なく自然に睡眠のリズムを取り戻すことができます。
同じような症状でお悩みの方は、一度漢方薬を試して見るのも良いでしょう。

ひどい生理痛、めまい、不眠などの症状が漢方薬を服用して改善

女性 24歳 生理痛 めまい 不眠

以前から生理痛が酷く、生理時のめまい、不眠、気持ちが悪い、不正出血などの症状で悩んでいました。
生理時に鎮痛剤を使用することもありますが、あまり効果がなく胃がもたれることもあるので、ほとんど服用することはないそうです。
ネットの情報で、体質に合った漢方薬は副作用の心配も少なく、穏やかに改善できることを知り来店しました。

この方には、ホルモンバランスを調え血流をスムーズにして生理痛、めまいなど生理時の不調を改善できるような漢方薬をお出ししました。
一ヶ月後には、生理痛が軽くなったとのことでした。
また、寝つきがよくめまいや気持ちの悪さも軽減しています。
その後も同じ処方を継続していただいていますが、生理痛はほとんどなくその他の症状も改善し、生理期が楽に過ごせるようになりました。

お身体の悩み