不眠症 | お身体の悩み

漢方医学

漢方には西洋薬のような副作用の心配はなく、安心して服用することができます。ただし睡眠薬や安定剤のような即効性は期待できないので、ある程度の期間服用しなければ効果がありません。しかし、漢方薬のよさは不眠症そのものを一時的にではなく、根本から改善できる点にあります。
不眠症に対しても、漢方の場合ガッチリタイプ、中間タイプ、虚弱タイプの体質に分けることができます。ガッチリタイプの不眠はもともと健康な人が、食べすぎや飲みすぎで栄養過剰となり、その結果、のぼせ、興奮しやすい、イライラなど身体に熱がこもって不眠となるケースです。この時は熱を冷まし、神経を安定させる処方をつかいます。
また、虚弱タイプは体が弱く疲れやすい人、長期に心労が続いている人、病み上がりの人、産後の人、高齢者などが過剰なストレスを受けたときなどに不眠になるケースです。この時は体力を回復させて、精神を安定させる処方を使います。
中間タイプはガッチリタイプでも虚弱タイプでもなく、まさにその中間にある場合です。
自分の体質に適した漢方処方を服用すれば、季節に関係なく熟睡を得ることができます。それほど重症でなければ、新薬に頼る前に漢方薬を試すことをおすすめします。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

最近、市販の睡眠薬のコマーシャルをよく見かけます。販売元の製薬会社も、おもわぬ反応の大きさに驚いていると聞きます。
不眠症で悩んでいる方は、非常に多く、とくに精神的なストレスが原因にあげられます。
不眠症のタイプには、次のようなものがあります。
●ストレスによる不眠症
A.生活のリズムの乱れから起こる不眠症(時差ボケ、夜勤勤務など)
B.神経症による不眠症
C.薬物やアルコールなどの依存症による不眠症
D.脳血管障害による不眠症
などに分けられます。
治療としては、睡眠薬や精神安定剤が用いられます。効果はよく、即効性があるのですが、副作用として習慣性や依存症、肝臓障害を起こしやすくなります。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

不眠症には、寝るのにリッラクスすることが、大切です。入浴するときには、ぬるめの湯にゆっくり入り、一日の疲れをとりましょう。静かな音楽を聴くのもよいでしょう。
カルシウムには、神経を鎮める効果があります。寝る前に温かい牛乳などを飲むのもよいでしょう。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

不眠症の実例

老化による不眠症の症例

この方は、以前にひどい腰痛で、当店の漢方薬を服用していたのですが、腰痛はすっかりよくなったものの、最近になって不眠に悩まされるようになりました。
寝つきか悪く、熟睡できないとのことでした。ひどいときは、明け方になっても寝付くことができず、つらいとのことです。
やや細身の男性ですが、腰痛が改善してからは散歩などをしてよく歩くように心がけているので、体力はあるほうです。胃腸も丈夫です。
この方は、比較的体力もあり、中間タイプと判断して精神的な緊張感を和らげて、自然に眠れるような漢方薬を処方しました。
一ヶ月の服用で、以前よりは熟睡できるようになったとのことです。しかし、まだ寝つきは悪いとのことでした。このまま同じ処方を継続して、3ヶ月~4ヶ月をすぎることには、寝つきもよくなり毎日熟睡できるようになりました。

ストレスによる不眠症の症例

この方は仕事上、人に気を使うことが多く、もう半年以上寝つきが悪く、不眠症が続いているとのことで来店されました。病院で処方してもらった睡眠薬を半年以上服用していますが、最近ではあまり効果が見られないとのことです。
痩せ型で神経質、ストレスで胃が痛くなります。血圧が低く疲れやすいです。生理不順で、ときには2ヶ月間生理が来ないこともあります。神経質でイライラも強いのですが、気が沈んだり、不安感も強いとのことでした。時々強い頭痛があります。
この方は典型的な虚弱タイプの不眠症と判断して、ストレスを和らげ寝つきをよくすると同時に、胃痛にも効果のある漢方薬を処方しました。
一ヵ月後に来店したときには、だいぶ顔色がよくなっていました。ご本人の話でも、以前より緊張感が薄れ、睡眠薬に頼らなくても寝られるようになってきたとのことです。胃痛もなくなり、強いストレスも以前ほどは感じなくなりました。その後、約一年間同じ漢方薬の服用で不眠症は改善され、睡眠薬を服用しなくても眠れるようになりました。

お身体の悩み