高プロラクチン血症 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、高プロラクチン血症の不妊症は腎(腎臓、泌尿器系、生殖器系)や肝(肝臓、中枢神経、自律神経系など)の機能が衰えているととらえています。
不妊症の原因になる、ストレスは漢方では肝の機能が衰え、気の巡りが悪くなった状態と考えています。
このような場合、気の巡りをよくする漢方薬を用い、肝機能を正常にもどします。肝の機能が衰えると、「血」のめぐりが悪くなります。また、腎が衰えると、ホルモンバランスが悪くなったり、生理不順などの症状がみられます。これらも不妊症の原因となります。
肝、腎は互いに密接な関係にあり、片方がバランスを崩すと、もう片方も悪くなります。不妊症の治療には、両方をバランスよく治療していく必要があります。漢方薬を的確に組み合わせた不妊症の漢方治療として、周期治療があります。周期治療は、基礎体温をもとに、一人ひとりの症状にあった漢方薬を、適切な時期に組み合わせていく不妊症の治療法です。
自己判断で服用するよりは、漢方に詳しい医師や薬剤師に相談し、症状に適した処方を服用することをおすすめします。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

 

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

不妊症は様々な原因が絡み合って起こるケースが多いのですが、その原因のひとつに高プロラクチン血症があります。
妊婦の末期になるとプロラクチン(PRL)というホルモンが多く分泌されるようになります。プロラクチン(PRL)は乳汁をださせるホルモンで、出産後赤ちゃんに母乳をあげるためにかかせないホルモンです。でも、授乳期間以外にプロラクチンの分泌が高まると、排卵を抑える作用があるので不妊症の原因となります。これが高プロラクチン血症です。
高プロラクチン血症になると、胸が張りやすい、妊娠をしてもいないの乳汁が出る、生理前にイライラが強くなるなどの症状が出やすくなります。原因としては、脳下垂体の腫瘍、甲状腺などの病気、薬によるもの、ストレスなどあげられます。
西洋医学では高プロラクチン血症の場合、プロラクチンの分泌を抑えるバーロデル、テルロン、カバサールなどの新薬を使うケースが一般的です。しかし、これらの薬には吐き気やめまい、ふらつき、便秘などの副作用もあるため、服用できない方も多く見受けられます。
また、プロラクチンの値は正常になっても、黄体機能が戻らずに妊娠できない場合もあります。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

日常生活についてですが、日々のストレスはなるべくためないようにしましょう。散歩、スポーツや趣味などでストレスを発散するようにこころがけてください。
ぬるめのお風呂に、ゆっくりつかるのもよいでしょう。
※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

高プロラクチン血症の漢方の実例

イライラ感の強い高プロラクチン血症の症例

女性 34歳 高プロラクチン血症

30歳のときに結婚し、妊娠を希望してきましたが、2年間妊娠することはありませんでした。
その後、病院で検査を受けたところ、高プロラクチン血症と診断されました。テルロンを処方されましたが、吐き気や胃もたれなどの副作用が強く、服用することができません。
医師からホルモン治療をすすめられましたが、自然妊娠を希望とのことで来店されました。
仕事上、イライラすることが多く、生理が近くなると胸が張ったり怒りっぽくなります。基礎体温は、ストレスになるので付けていないとのことでした。
この方はプロラクチンの値を下げて、ホルモンバランスを調えながら妊娠しやすい身体作りができるように、漢方の不妊治療である周期療法をおすすめしました。また、イライラ感が強いので、精神を安定させる漢方薬を入れました。
2~3ヶ月でプロラクチンの値が安定し、以前よりもイライラしたり、怒りっぽくなることが少なくなってきました。
周期療法を始めて10ヶ月後に妊娠を確認し、無事に元気な男の子を出産しました。

冷え性の高プロラクチン血症の症例

女性 31歳 高プロラクチン血症

結婚当初から、妊娠を希望していましたが4年間、妊娠することはありませんでした。病院で検査を受けたところ、高プロラクチン血症と診断されました。
基礎体温は、高温期へ階段状に上昇し途中で落ち込む傾向があります。生理前はイライラしたり、胸が張ります。 かなりの冷え性で、生理時は血塊があります。
この方は、周期療法という漢方の不妊治療を行いながら、プロラクチンの値を自然に下げる漢方薬を処方しました。
周期療法を始めて一ヶ月後には、生理前のイライラや胸の張りが楽になってきました。その後、病院で検査を受けたところ、プロラクチンの値も正常になりました。また、周期療法は血行をよくするので、身体も温まり冷え性がよくなってきたとのことです。
その後も、周期療法を続けて4ヶ月後に自然妊娠、無事女の子を出産しました。

基礎体温がギザギザの高プロラクチン血症の症例

女性 36歳 高プロラクチン血症

結婚して5年間たちますが、子宝に恵まれないとのことで、ご夫婦で来店されました。 ご主人は、精子の数が少なく運動率も悪いです。奥さんは、高プロラクチン血症で子宮筋腫があります。
婦人科に通院していますが、なかなか妊娠することができず、漢方薬も併用したいとのことです。
基礎体温は二相に分かれていますが、ギザギザで決して良い形とはいえません。
ご主人には精子の数を増やし運動率を高める漢方を。また、奥さんにはプロラクチンの値を下げる処方を組み入れて、漢方の不妊治療の周期療法を始めていただきました。
ご主人は、一ヶ月の服用が終わるころから効果が出始めました。奥さんも周期療法を始めて2ヵ月後には基礎体温が調い始めました。 その後、妊娠、無事に元気な女の子を出産しました。

お身体の悩み