ストレス | お身体の悩み

漢方医学

漢方ではストレスに関連した処方は数多くあり、一人ひとりの体質や症状に対応した薬を処方します。また、こうした漢方の治療は、根本的な改善が期待できることが大きな特徴の一つです。
漢方の考えの一つに「心身一如」という言葉があります。これは心と身体は密接な関係にあり、ストレスなどが重なると身体の状態も不安定になるということです。
ストレスが過剰になると、人によってさまざまな症状が現れます。憂うつ感や不安感に襲われるようなときは、ストレスを和らげ精神を安定させる漢方薬を用います。逆に、イライラ感が強いときには気を静める漢方薬を処方します。
また、ストレスから生理痛や冷え性、生理不順などになることがあります。このようなときはストレスを和らげながら血行をよくして身体を温め、生理痛や冷え性、生理不順を改善する漢方薬を用います。
ストレスから、下痢、胃もたれ、胃痛などに悩まされることがあります。ストレスと胃腸の働きは密接な関係があります。このようなときは、ストレスを和らげ胃や腸の働きを調える漢方薬を処方します。
ストレスによって、発汗異常やめまいなどの症状が起きることもあります。この場合、漢方ではストレスを和らげ、水分の代謝や分泌を調節するような処方を用います。
過剰なストレスは、私たちの身体にさまざまさ症状を引き起こします。しかし、体質に合った漢方薬治療は、ストレスを和らげると共に、こうした症状を根本から改善することができます。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

ストレスは、ストレス社会といわれている現代の私たちに、さまざまな形で影響を及ぼしています。
ストレスが溜まると、動悸、息切れ、胃痛、下痢、不眠、イライラ、生理不順、めまい、うつ、円形脱毛症、皮膚疾患などなどさまざまな症状を引き起こします。
ストレスが軽い場合は、休養をとったり軽い運動や趣味などで発散すれば解消できますが、ストレスが溜まると体調を崩して病気になることも少なくありません。
人が受けるストレスにはさまざまなものがあります。
・地震や放射能汚染などの災害によるストレス
・病気や怪我、睡眠不足などの身体的ストレス
・ 暑さや寒さの変化などから受ける物理的ストレス
・ 騒音、住環境などの環境的ストレス
・ 家族や恋人などの不幸や死などから受ける精神的ストレス
・ 仕事の責任や多忙、不況などの社会的ストレス
・ また、身近な人間関係からくる人間関係ストレス
などがあります。
西洋医学では、症状によって内科や婦人科、心療内科など細分化されて対症療法(症状を和らげる療法)が施されます。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

ストレスは数値では測れないので、知らないうちに蓄積することがあります。日ごろから、ストレスをためないようにすることが大切です。軽い運動や趣味などで、ストレスを発散するようにしましょう。
ストレスによい食べものは、レバー、鶏肉、えび、米酢、トマト、昆布、ワカメなどがあげられます。こうした食材をうまく組み合わせて、ストレスによい食べものを日ごろから摂るようにしてください。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

ストレスの実例

ストレスから不妊症になった方の症例

結婚して2年になりますが、妊娠しないとのことで来店しました。3ヶ月前に職場の異動があってから職場の雰囲気が合わず、過剰なストレスを感じるようになったそうです。
それを境に28日だった生理周期が遅れ、基礎体温も乱れがちになってきました。また、不正出血が始まりこのままでは妊娠できないと思うと、ますますストレスがかかり体調も悪くなる一方です。
痩せ型で冷え性、生理痛が強く胃がもたれやすいです。
この方は、周期療法(漢方の不妊治療の一つ)を希望とのことでしたので、ストレスを和らげてホルモンバランスを調える漢方を中心に処方しました。
一ヶ月後に来店したときには、職場にいても以前のようなストレスは感じなくなり、イライラ感も解消してきたとのことでした。基礎体温も大分調った形になっています。2ヶ月後には、不正出血や生理痛が改善してきました。
同じ処方を継続して、5ヵ月後に妊娠したとの報告を受け、その後元気な女の子を出産ました。

ストレスから不眠症、うつ病になった症例

2ヶ月前に転職をしたのですが、仕事上のストレスが重なり、不眠やうつ状態になったとのことで相談を受けました。
毎日、朝の3時ごろになると目が覚めてしまいます。その後は寝ようと思っても眠れません。朝から気持ちが沈んでしまい辛いとのことです。
体格は中肉、中背です。一日中頭がボーッとして、身体も鉛のように重く感じます。目の下にもクマができていて、顔色も悪く生気がないように見えます。
心療内科へ行くことも考えましたが、できれば睡眠薬や安定剤は服用したくないので、漢方薬で改善したいとのことでした。
この方にはストレスを和らげ、自然に睡眠のリズムを調えられるような漢方薬を処方しました。
2ヶ月後には、不眠が大分改善されたとのことでした。気持ちの落ち込みも軽くなり、顔色も良くなっています。半年後には、ストレスも以前のように感じることはなくなり、職場にも元気にいけるようになりました。

お身体の悩み