下痢 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、下痢は主に冷えによる水毒と考えています。腰や腹部が冷えることで、過剰な水分が胃腸にたまり、腹痛、下痢、お腹が張る、お腹にガスがたまりやすいなどの症状があらわれます。これらは、身体を冷やすと悪化し、温めると改善します。
よく明け方に腹痛を伴った下痢をする方がいます。一日で一番気温の低い時に冷えが引き金となっておきます。治療としては、胃腸を温め、余分な水分を体外に排出する漢方薬を用います。
最近ではストレス(漢方では「気」の停滞といっています)で下痢をする方が増えています。ストレスによって、腸管の動きが悪くなることで下痢になります。漢方では、「気」の流れをよくしてストレスを和らげる処方を用います。
また、暴飲暴食による下痢もあります。消化を助け胃腸の働きを整える漢方薬を用います。
ノロウィルスのような細菌性の下痢は、炎症(熱を伴う)によるものです。このようなときには、熱を冷まし炎症を抑える漢方薬を用います。
下痢はさまざまな原因によっておこるので、自己判断せずに漢方知識のある専門薬局や医師にご相談ください。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

下痢は、消化不良、食べ過ぎ飲み過ぎ、細菌感染などで腸の粘膜が炎症を起こしたり、腸粘膜からの水分吸収が悪くなることで起きます。また、体質的なもの、ストレスなどで起きることもあります。
下痢の治療としては、腸の蠕動運動を抑制したり、腸粘膜を保護したり、腸内細菌のバランスを整えたりします。細菌感染の下痢が?みられるときには、抗菌剤などで治療をします。
下痢が激しいときは、脱水症状を起こすので水分を補給する必要があります。冷たいジュースや牛乳は下痢の原因になるので注意しましょう。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

下痢をしやすい方は、ジュース、ビール、刺身、生野菜、果物などの冷たい飲食物は避け、なるべく火をとおしたものを食べるようにしましょう。
ミニスカートなどの薄着を避け、お腹や腰を温めるようにしましょう。
暴飲暴食をさけ、よく噛んで食べるように心がけてください。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

下痢の漢方の実例

冷え性体質の下痢の症例

数年前からお腹をこわし易く、すぐに下痢をしてしまうとのことで相談を受けました。スーパーの冷凍食品売り場へ行っただけでも、お腹が痛くなり下痢をするとのことです。体格は中肉、中背です。見た目は健康そうですが、冷え性で疲れやすく風邪を引きやすいとのことでした。
一年中、便が硬いことはないとのことでした。便通は少ないときは一日に1~2回ですが、3~4回行くことも珍しくありません。下痢をしてしまう不安から、食欲もあまりなく、お腹が張りガスがたまりやすいという症状があります。この方は、冷え性で冷凍食品売り場へ行くだけで下痢をするとのことですから、胃腸がかなり冷えていると考えられます。
そこで、お腹を温めて腸にたまっている水分を、尿や汗として体外へ排出し下痢を改善する漢方薬を処方しました。また、生野菜や果物、冷たいジュースやビールなども口にしないようアドバイスしました。
15日分を服用し、再度来店したときには、身体が温まり下痢する回数も減ってきたとのことでした。その後も同じ漢方薬を処方しました。一ヶ月後には便が全く普通になり、下痢することもなくなったとのことなので、漢方の服用を中止しました。

胃腸虚弱な方の下痢の症例

3年前から、ほとんど毎朝下痢をするようになったとのことで、来店しました。病院で検査を受けても特に?異常は見つからず、薬を処方されても改善しました。痩せ型で疲れやすいです。毎日、午前中に5~6回くらい下痢をします。お腹が痛くなることもしばしばで、仕事にも集中できないとのことでした。
この方は、長いこと下痢が続いて体力もなく、胃腸の機能が明らかに衰えています。そこで、胃の働きを改善し腸を温める漢方薬を処方しました。
20日後には下痢の回数が一回に減りました。その後の20日間は下痢をすることもなく、便通は正常になったとのことでした。

お身体の悩み