鼻の風邪 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では鼻の風邪をひいた場合、その初期症状で二つに区別して考えます。
熱っぽさを感じる熱症状の風邪、ゾクゾクとした寒気を感じる寒症状の風邪があります。
熱症状が強い風邪は、鼻がつまったり黄色や緑色の濃い粘り気のある鼻水が出ます。このようなときは、熱をさまし鼻の炎症を抑える漢方薬を用います。
寒症状が強い風邪は、クシャミがでたり、水っぽい透明な鼻水が出ます。このような症状の時には身体をあたため、余分な体内の水をだす漢方薬を用います。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

 

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

朝、晩の冷え込むこの時期になると、日中との寒暖の差が大きく、風邪をひく方が見かけられるようになりました。風邪はウィルスが、鼻やのどの粘膜を通って感染します。
風邪にもいくつかのタイプがあります。咳の風邪、鼻の風邪、下痢の風邪などです。
鼻風邪はクシャミ、鼻水、鼻づまりなどですが、その大部分がひき始めは軽い症状です。ただし、早いうちに治さずにこじらせてしまうと、急性鼻炎、さらには慢性の副鼻腔炎(蓄膿症)などに移行する場合もあります。風邪をひくと、鼻やのどの粘膜が炎症を起こしやすくなります。鼻が炎症を起こしているのが鼻炎です。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

最近、冷たい飲食物の取りすぎで、内臓が冷えている方が増えています。そのため、肺の機能が弱って、風邪をひきやすくなっています。
冷えの鼻かぜをひきやすい方は、食事の内容を温かいものに変えるだけでも、風邪をひきにくい体質へと変えることができます。
鼻やのどの粘膜に風邪のウィルスが感染しても、風邪をひく方とひかない方がいます。これは、一人ひとりの免疫力の差です。わたしたちは、食生活、運動、漢方の服用などによって、免疫力を高める身体づくりをしていく必要があります。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

鼻の風邪の漢方の実例

お身体の悩み