湿疹 | お身体の悩み

漢方医学

西洋医学の湿疹の治療は痒みをとることが中心ですが、漢方の湿疹の治療は皮膚の状態をよく観察して、その原因を取り除く治療をします。つまり根本治療を目的としています。
皮膚が赤く炎症の強い湿疹には、身体の熱をさまし炎症をとる湿疹の漢方薬、皮膚がグジュグジュして水がでるような湿疹には、水分を取り除く湿疹の漢方薬を用います。また、逆に皮膚がカサカサしたり、ひどくなるとフケのような角質がはげ落ちるような湿疹には、皮膚を潤す湿疹の漢方薬を用います。
最近は、ストレスによって湿疹がひどくなる方も多く、そのときにはストレスを和らげる漢方薬を用いたりします。また、体力がおちて疲れやすい方には、体力をつける漢方薬を用いるだけで 湿疹がグッとよくなる方が増えています。
自己判断せずに、専門知識のある方に相談し、湿疹の状態と体質に合った漢方薬を服用するとが大切です。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

 

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

湿疹は外からの刺激で赤く腫れたり、小さな水泡がポツポツとでたり、かさかさしたカサブタができて、かゆみを伴うような皮膚病をいいます。
湿疹は外からの刺激で赤く腫れたり、小さな水泡がポツポツとでたり、かさかさしたカサブタができて、かゆみを伴うような皮膚病をいいます。
湿疹には急性型と慢性型があり、急性型は皮膚が赤くなる、小さなブツブツした水疱ができる、皮膚がジクジクと湿っぽくなり、カサブタができる、皮膚から白い粉が落ちるなどの症状が見られます。慢性型は皮膚が厚く、硬くなる、ざらざらして深いしわができるなどの状態になります。
西洋医学での湿疹の治療は、ステロイド剤や、抗ヒスタミン剤を服用したり、これらの軟膏を塗ったりして治療します。また、減感作療法も行われます。急性の湿疹の場合だとステロイド剤の使用も短期間なので、特に問題はないのですが、治療期間が長期化してくると、副作用も気をつける必要があります。
ステロイド剤には様々に副作用があります。皮膚がうすくなったり敏感になったりする、毛細血管が拡張する、多毛、白内障などの目の疾患、感染症の誘発などです。中でも長期に使用した場合、途中で使用をやめるとリバウンド症状でさらに 湿疹が悪化したり、だんだん薬に対する反応が悪くなるというケースも珍しくありません。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

日常生活については、湿疹のある患部を清潔に保ち直射日光に当てたり、掻いたりしないように心がけることが大切です。
入浴する場合はぬるめのお湯で弱酸性の刺激の弱い石鹸を使いましょう。食事は亜鉛を多く含む牡蠣やレバー、牛肉などを取るとよいでしょう。インスタント食品やファーストフードは極力避けて、バランスの取れた食事を規則正しく取るようにしてください。
※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

湿疹の実例

漢方薬を用いた手の湿疹の症例

手の湿疹がひどいということで来店しました。水仕事なので、すぐに手のひらが荒れてカサカサになります。痒みは強く、湿疹がひどくなると痒くて耐えられないとのことでした。
病院でステロイド系や非ステロイド系の軟膏を出されて使用していたのですが、湿疹はある程度は改善しても水仕事をすると再び悪化します。
手全体がカサカサして赤くなっていますが、特に指先は皮膚が割れてかゆいというよりは痛そうでした。 
体格は普通ですが、冷え性で疲れやすいです。手先は仕事柄いつも冷えているとのことなので、血流をよくして手先にも栄養が行き渡るような 湿疹の漢方薬を処方しました。
2ヵ月後には痒みがかなり楽になり、見た目もきれいになってきました。その後も同じ処方を続けて、3ヵ月後には病院で処方されていたステロイド系や非ステロイド系の軟膏は使わなくても済むようになりました。
現在でも漢方薬の服用は続けていますが、時々ハンドクリームを使うだけで、湿疹はほぼ完治しています。

がんこな湿疹の症例

原因はよく分からないとのことでしたが、半年くらい前から頭、肩、腰、太ももに湿疹ができるようになり、来店されました。
最初は近所の皮膚科へいってステロイドの軟膏を処方してもらっていたのですが、あまり効果が見られず、総合病院へかかりました。 3ヶ月位は落ち着いていたのですが、次第によい状態と悪い状態を繰り返して、最近では悪くなる一方でした。
湿疹がではじめると体中がかゆくなり、掻きこわしてしまいます。
ご家族の方が、以前に当店の漢方薬で同じような湿疹が改善していたので、勧められたとのことでした。
体格はガッチリしていて丈夫そうに見えますが、冷え性で疲れやすいとのことでした。見た目よりは虚弱なタイプと判断して、体力を補い抵抗力を高めて湿疹を改善する漢方薬を処方しました。
はじめの一ヶ月は、症状にあまり変化は見られなかったのですが、2ヶ月目には湿疹がかなり改善したとのことでした。3ヵ月の服用で湿疹はほとんどでなくなったとのことから、本人の希望で服用を中止しました。
ところが、それら3ヵ月後に再び湿疹が発症して、治らないとのことで来店されました。再度、同じ漢方薬を処方して3ヵ月後にはすっかりよくなりました。

お身体の悩み