月経困難症 | お身体の悩み

漢方医学

漢方薬では、月経困難症は主に「お血」(血液の汚れ)が原因と考えています。「お血」とは、血が汚れてドロドロになり血管が悪くなっている状態の事です。このような時はとをきれいにして、血流を良くする漢方薬を用います。
「お血」は体質や遺伝の他に、ストレスや冷えなどが原因となって作り出されます。月経困難症の治療にはこの「お血」を取り除くことが重要なので、体質を変えたりストレスをためない、身体を冷やさないなどの対処が必要です。
また、月経困難症にイライラや憂鬱、不安感などを伴う場合があります。漢方ではこのような状態を「気滞(キタイ)」と呼んでいます。「気滞」はストレス等が原因となって「気」のめぐりが悪くなっている状態です。「気滞」のあるときは気の巡りをよくする漢方を用います。
また、月経痛がひどい時には、漢方でも痛み止めとして用いられる処方もあります。西洋薬に比べて効果は多少緩やかですが、西洋薬のような副作用もなく安心して服用できるのが特徴です。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

 

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

月経困難症で悩んでいる女性は多く、鎮痛剤やホルモン剤などの服用で痛みを抑えているのが現状です。しかし、これらの治療法は対処療法でしかなく、根本的な改善とはいえません。
月経困難症とは、月経が始まってから下腹部や腰に強い痛みを感じたり、吐き気や頭痛、イライラなどの不快症状が見られることをいいます。ほとんどの場合が、月経量の減少とともに症状も軽くなり、月経が終わると消えていきます。
月経困難症は大きく二つに分けることができます。ひとつは、特に原因のない月経困難症です。この場合は鎮痛剤で痛みを抑えるのが一般的ですが、場合によってはピル(経口避妊薬)を使用することもあります。
もうひとつは、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症などに代表される子宮の病気が原因となる月経困難症です。このような場合はホルモン療法や手術を行うなどして、症状に応じた処置が施されます。
とちらの月経困難症でも漢方薬は効果がありますが、子宮の病気が原因となる月経困難症は西洋薬との併用が必要となることもあります。  

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

日常生活についてですが、月経困難症を改善するには、血流をよくすることがポイントとなります。入浴やシャワー、または膝から下をお湯につけるだけでも身体が温まり、痛みなどの不快症状が軽くなります。
食事はジュース類や果物、生野菜、刺身などの身体を冷やすようなものはできるだけ避けて、なるべく火を通した温かいものを摂ることをおすすめします。
衣類についても薄着は避けて、とくに腰周りなどは冷やさないことが大切です。クーラーのある部屋で仕事をするときは、ひざ掛けなどで下半身を冷やさないように心掛けて下さい。
※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

月経困難症の漢方の実例

お身体の悩み