にきび | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、にきびは身体の中の変調や異常が皮膚症状として現れると考えています。まず、身体の中のバランスを調え、正常に戻していくことが皮膚トラブルの根本治療となります。
にきびの原因で多いのが、おけつ(ドロドロした汚い血)という“血”の異常です。これは、表面的には冷え、のぼせ、生理異常などという形で現れます。この治療には、ドロドロして巡りの悪くなっている血をきれいにし、“血”の巡りを正常に戻す漢方薬を用います。これらのにきびの漢方薬は血行をよくするとともに、子宮や卵巣の働きも調え、ホルモンバランスも正常にします。
ストレスなどによって心身の変調をきたし、イライラ感、不安感が原因となってにきびが発症する場合には、“気”を整える漢方薬を用います。
便秘をしていると、にきびはできやすくなります。毎日のお通じを心がけましょう。漢方薬の便秘薬は、市販の薬より習慣性が少なく、体質によって使いわけます。いずれの場合も、その人の症状によって使い分けることが必要です。
まず、バランスのとれた食事をして規則正しい生活をしましょう。その上で、胃腸を調えたり、“血”、“気”など自分に必要な治療をしていきましょう。にきびは、見えないわたしたちの身体の異常を教えるシンボルなのかもしれません。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

10代の思春期のころにできるにきびは、ホルモンバランスがまだ安定していなく、皮脂の分泌を多くする男性ホルモンが多いために発症します。
20代、30代になると、にきびは皮脂の分泌というよりはストレス、冷え、生活の不規則や疲れ、体調不良などによるホルモンバランスの崩れからおきています。最近は、これらのにきびを大人のにきびとよんでいます。大人のにきびは、なかなか治りにくく、あとにもなりやすいので気にしている方も多いのではないで しょうか?
10代のにきびは皮脂の多い、額などのTゾーンに多いのに対して、大人のにきびは皮脂の少ないあご、口のまわり、ほほなどのUゾーンに発症します。皮脂が原因でないので、石鹸でゴシゴシこするのはかえって逆効果で、むしろ身体の内側からのケアが必要です。
西洋医学のにきびの治療は、抗生物質やビタミン剤を服用したり、イオウを含んだ塗り薬を併用します。しかし、これらはにきびの根本的な治療にはなりません。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

食生活は、野菜を中心としたものにします。肉類は、血を汚しにきびの原因にもなります。また、便秘もにきびを悪化させるので、食物繊維の多い食事を摂り、毎日の規則正しい便通を心がけるようにしましょう。
適度な運動でストレスを発散したり、十分な睡眠をとって身体に疲労をためないようにしてください。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

にきびの実例

生理痛を伴うにきびの症例

にきびがひどいとのことでした。顔だけでなく、首のほうまで広がっています。顔がほてってのぼせが強いのですが、足の冷えもかなりあります。便通 は、多少便秘ぎみです。生理は順調ですが生理痛が強く、鎮痛剤は手放せないとのことです。胃はたまにもたれることがあります。この方は冷えとのぼせが強く、生理痛もかなり強いとのことなので、これを目標に漢方薬を15日分処方しました。15日後に来店した時には、 にきびはあまり変化がなかったのですが、生理痛は楽になったとのことでした。
一ヵ月後には顔のほてりがだいぶ取れて、にきびも半分くらいに減っていました。その後、同じ処方を三ヶ月間続けて、顔も首もほとんどきれいになりました。

赤みの強いにきびの症例

スポーツの好きな、元気な男の子です。小さい頃は軽いアトピーがありましたが、現在は治っています。汗っかきで、顔面には赤みの強いにきびがかたまるようにできています。便通は毎日あります。顔がのぼせるという以外にはこれといった訴えがありませんでした。
そこで、青年期のガッチリタイプによく使われる、 漢方薬を処方しました。この方は飲み始めた当初から効果があらわれ、その後10ヶ月の服用で完治しました。

お身体の悩み