にきび | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、にきびは身体の中の変調や異常が皮膚症状として現れると考えています。まず、身体の中のバランスを調え、正常に戻していくことが皮膚トラブルの根本治療となります。
にきびの原因で多いのが、おけつ(ドロドロした汚い血)という“血”の異常です。これは、表面的には冷え、のぼせ、生理異常などという形で現れます。この治療には、ドロドロして巡りの悪くなっている血をきれいにし、“血”の巡りを正常に戻す漢方薬を用います。これらのにきびの漢方薬は血行をよくするとともに、子宮や卵巣の働きも調え、ホルモンバランスも正常にします。
ストレスなどによって心身の変調をきたし、イライラ感、不安感が原因となってにきびが発症する場合には、“気”を整える漢方薬を用います。
便秘をしていると、にきびはできやすくなります。毎日のお通じを心がけましょう。漢方薬の便秘薬は、市販の薬より習慣性が少なく、体質によって使いわけます。いずれの場合も、その人の症状によって使い分けることが必要です。
まず、バランスのとれた食事をして規則正しい生活をしましょう。その上で、胃腸を調えたり、“血”、“気”など自分に必要な治療をしていきましょう。にきびは、見えないわたしたちの身体の異常を教えるシンボルなのかもしれません。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

10代の思春期のころにできるにきびは、ホルモンバランスがまだ安定していなく、皮脂の分泌を多くする男性ホルモンが多いために発症します。
20代、30代になると、にきびは皮脂の分泌というよりはストレス、冷え、生活の不規則や疲れ、体調不良などによるホルモンバランスの崩れからおきています。最近は、これらのにきびを大人のにきびとよんでいます。大人のにきびは、なかなか治りにくく、あとにもなりやすいので気にしている方も多いのではないで しょうか?
10代のにきびは皮脂の多い、額などのTゾーンに多いのに対して、大人のにきびは皮脂の少ないあご、口のまわり、ほほなどのUゾーンに発症します。皮脂が原因でないので、石鹸でゴシゴシこするのはかえって逆効果で、むしろ身体の内側からのケアが必要です。
西洋医学のにきびの治療は、抗生物質やビタミン剤を服用したり、イオウを含んだ塗り薬を併用します。しかし、これらはにきびの根本的な治療にはなりません。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

食生活は、野菜を中心としたものにします。肉類は、血を汚しにきびの原因にもなります。また、便秘もにきびを悪化させるので、食物繊維の多い食事を摂り、毎日の規則正しい便通を心がけるようにしましょう。
適度な運動でストレスを発散したり、十分な睡眠をとって身体に疲労をためないようにしてください。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

にきびの実例

生理痛を伴うにきびの症例

女性 18歳 にきび

にきびがひどいとのことでした。顔だけでなく、首のほうまで広がっています。顔がほてってのぼせが強いのですが、足の冷えもかなりあります。便通 は、多少便秘ぎみです。生理は順調ですが生理痛が強く、鎮痛剤は手放せないとのことです。胃はたまにもたれることがあります。この方は冷えとのぼせが強く、生理痛もかなり強いとのことなので、これを目標に漢方薬を15日分処方しました。15日後に来店した時には、 にきびはあまり変化がなかったのですが、生理痛は楽になったとのことでした。
一ヵ月後には顔のほてりがだいぶ取れて、にきびも半分くらいに減っていました。その後、同じ処方を三ヶ月間続けて、顔も首もほとんどきれいになりました。

赤みの強いにきびの症例

女性 21歳 にきび

明るい活発な感じの方ですが、最近、にきびが気になるようになり来店したとのことでした。高校生の頃はかなりにきびが目立っていましたが。その後は自然に治っていたとのことでした。 ところが、最近仕事上のストレスがたまるようになってから、にきびが目立つようになってきたとのことです。
冷え性ですが、顔は にきびでのぼせたように赤くなっています。生理は順調で便通も毎日あります。胃は 元々丈夫でしたが、最近は仕事上のストレスで時々痛むことがあるそうです。
処方は赤味の強いにきびと顔全体ののぼせが強かったのを目標にして、のぼせをさまし、患部の炎症を抑える漢方薬を処方しました。また、ストレスで胃が痛いとのことでしたので、あいだで胃痛に効果のある漢方薬も服用することにしました。
3ヶ月間は胃痛に悩まされることもなく、 にきびも順調によくなりきれいな肌をとりもどしつつあったのですが、4ヶ月目に入った頃から、再びにきびが悪化し始めました。
再度問診をした結果、生理の状態があまりよくなかったので、別の漢方薬に変えました。その後、生理の状態がよくなるとともに、 にきびもきれいになって、約一年間の服用できれいな肌を取り戻すことができました。

思春期のにきびの症例

男性 13歳 にきび

スポーツの好きな、元気な男の子です。小さい頃は軽いアトピーがありましたが、現在は治っています。
汗っかきで、顔面には赤みの強いにきびがかたまるようにできています。便通は毎日あります。顔がのぼせるという以外にはこれといった訴えがありませんでした。
そこで、青年期のガッチリタイプによく使われる、 漢方薬を処方しました。この方は飲み始めた当初から効果があらわれ、その後10ヶ月の服用で完治しました。

仕事のストレスで悪化した赤みの強いニキビが漢方で改善

女性 21歳 にきび

明るく活発な感じの方ですが、最近、ニキビが気になるようになり、来店したとのことでした。

高校生の頃はかなりニキビが目立っていましたが、その後は自然に治っていたとのことでした。ところが、最近仕事上のストレスがたまるようになってから、ニキビが目立つようになってきたとのことです。

冷え性ですが、顔はニキビでのぼせたように赤くなっています。生理は順調で、便通も毎日あります。胃は元々丈夫でしたが、最近は仕事上のストレスで時々痛むことがあるそうです。また、ストレスで胃が痛いとのことでしたので、胃痛に効果のある漢方薬も服用することにしました。

3ヶ月間は胃痛に悩まされることもなく、ニキビも順調によくなり、きれいな肌をとりもどしつつあったのですが、4ヶ月目に入った頃から、再びニキビが悪化し始めました。

再度相談をした結果、生理の状態があまりよくなかったので、別の漢方薬に変えました。

その後、生理の状態がよくなるとともに、ニキビもきれいになって、約一年間の服用で、きれいな肌を取り戻すことができました。

30代で発症した紫色のにきびが漢方薬で改善しました

37歳 女性 にきび

背の高いやせ型の女性です。冷えはなく、体力もあり丈夫な方です。

30歳を過ぎた頃からにきびが再発し、皮膚科の病院にかかっていましたが、思うような効果が得られませんでした。 顔のアゴのあたりに、紫色のにきびが大きくめだって、でていました。

インターネットで、こうしたにきびに漢方薬が適応することを知り、試してみたいとのことでした。

比較的体力があり、にきびが紫色なので、お血(鬱血している状態)と考え、漢方薬をおすすめしました。ところが、2ヶ月服用しても、まったく変化がみられません。

もう一度、相談してみるとお酒が好きで化膿しやすい体質だということなので、今度は化膿によい漢方薬をおすすめしました。

すると、一ヶ月後に来店したときには、あごのにきびがかなりきれいになっていました。その後、肌の色も白くなり、化粧ののりもよくなったと喜んでいらっしゃいました。

同じ漢方を6ヶ月続けて服用を中止しました。

生理痛を伴ったニキビが、漢方で改善

女性 にきび

中学生の女の子です。ニキビがひどいとのことで相談を受けました。また、生理不順で生理痛も強いそうです。

ニキビだけでなく、生理不順や生理痛も楽になるように考慮して漢方薬をお渡ししました。

一ヶ月の服用で、明らかにニキビが少なくなりました。生理痛も、今回は今までと比較できないくらい楽だったとのことです。

その後も同じ内容を継続していただいています。

ニキビはほとんど目立たなくなり、不順だった生理も28日~30日周期になって、喜ばれています。

生理痛を伴ったニキビが漢方で改善しました

18歳 女性 にきび

小学生のころからニキビに悩まされていました。 また、生理痛が強く生理前になるとニキビも酷くなります。

いろいろな治療法を試みましたが、ニキビも生理痛もよくなりません。

漢方薬を服用し始めて、1ヶ月後にはニキビがよくなってきました。 また、生理痛も以前に比べるとずっと楽でした。

その後も、一歩ずつですが着実にニキビも生理痛もよくなっています。

二年間悩んでいたニキビが漢方で改善しました

30歳 男性 にきび

二年前に一人暮らしを始めたのですが、そのころからニキビができるようになりました。
仕事上のストレスや食生活の不摂生などもあり、ニキビは悪化する一方です。
赤いブツブツしたニキビが口元や頬を中心にできています。
いろいろなスキンケアを試したり、皮膚科にも通いましたがよくなる気配がありません。
インターネットで、漢方薬でもニキビが改善できることを知り来店されました。

漢方薬を服用し始めて、一ヶ月後にはひどかったニキビが半分くらいに減っていました。
その後も同じ漢方を継続していただきましたが、三ヶ月後にはほぼ改善したので服用を中止しました。

この方には生活上のアドバイスもさせていただきました。
不摂生な生活や食生活を改善した事も、ニキビを早期に改善できた理由の一つでしょう。

二年間悩んでいたニキビが漢方で改善しました

20歳代 女性 にきび

一年前からニキビが気になり始めました。
数ヶ月前から悪化して、かなり目立ちます。
生理前になると、あごのラインを中心に酷くなります。
生理周期は順調ですが、生理前になるとイライラします。
また、冷え性体質で生理痛も強いとのことでした。
この方には、ホルモンバランスを調えながら、冷え性体質や生理痛、ニキビなどを改善できるような漢方薬をお出ししました。

一ヶ月の服用で、ニキビは少なくなってきました。
身体も温まり、生理前のイライラや生理痛も改善してきたとのことです。
その後も同じ処方を継続していただきましたが、日を追うごとにニキビは落ち着いてきました。
漢方薬を服用して5ヶ月経ちますが、ニキビはほとんどできなくなったそうです。
生理前のイライラや生理痛なども改善されているので、しばらくは漢方薬を続けていきたいとのことです。

体質に合った漢方薬を服用することで、ホルモンバランスが調いニキビが根本から落ち着くとともに、生理異常や体質も改善することができます。
この方のように漢方で改善できるケースは多いので、ニキビでお悩みの方は一度漢方を試してみる価値はあると思います。

ひどい肌荒れとニキビで悩んでいましたが、漢方薬で改善しました

32歳代 男性 にきび

元々ニキビ体質で、思春期の頃からいつも出たり引っ込んだりしていました。
特に治療をすることもなく放置していましたが、3カ月くらい前から急に悪化してきたとのことです。
首から顔全体に、赤く膿んだようなニキビが数多くできています。
痒みのあるので我慢しているのがつらいとのことでした。

漢方薬をお出しする前に、日常生活についてのアドバイスをさせていただきました。
その後に、皮膚の炎症を抑えてニキビや肌荒れを体質から改善できるような漢方薬をお出ししました。
1カ月の服用で、大きいニキビができなくなってきました。
顔の痒みも楽になっています。
その後も同じ漢方薬をお出ししましたが、3カ月後には顔全体のニキビ、肌荒れが改善しました。
まだ顔面の赤みが残っていますが、ここまできれいになったことはなかったそうで、とてもうれしいとのことです。

ひどい生理痛とイライラ、ニキビで悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善

女性 20歳 生理痛 ニキビ

ひどい生理痛と生理前のイライラで悩んでいるとのことでした。
また、生理前になるとニキビが悪化するそうです。
仕事が不規則でハードな為、日ごろからイライラすることは多いそうですが、生理前になると抑えられないくらいひどくなります。
生理痛は鎮痛剤を服用してもあまり効果がなく、胃があれるのであまり服用できないそうです。

仕事中は、生理前に限らずイライラすることが多いとのことでした。
そこで、ストレスを和らげてホルモンバランスを整えるような漢方薬をお出ししました。
4~5日服用したら、自分でも不思議なくらい気持ちが落ち着いてきたそうです。
仕事上の忙しさは変らなくても、様々なことに落ち着いて対応できるようになったとのことでした。
生理痛や生理前のニキビも、月を重ねるごとに改善してきました。
漢方薬は、しばらくの間服用したいとのことです。

お身体の悩み