めまい | お身体の悩み

漢方医学

漢方ではめまいは主に、「水」が原因でおこると考えています。
つまり、身体のなかの代謝しきれない余分な水が、頭の方に上がってきて、めまいを引き起こすと考えています。
めまいのほかに頭痛、むくみ、小便の異常、下痢なども水分の代謝異常として起こります。
このようなときは、身体の余分な水を汗や尿として、体外に排出するような漢方薬を処方します。
また、血の流れが悪くなってめまいを引き起こす場合もあります。
血の流れが悪くなってドロドロした状態を漢方では「お血」(おけつ)と呼んでいます。
「お血」によるめまいは、脳の血行障害が原因でおきます。
「お血」が原因のめまいでは、顔が赤くなったりのぼせたり、またイライラや不眠などが起こり易くなります。
この場合は血液をサラサラにして、血の流れをよくするような漢方薬を処方します。
いずれのタイプのめまいでも、漢方薬は効果的ですが、気をつけなければならないのは、時に重大な病気のサインである場合があることです。
例えば脳梗塞や高血圧の危険な状態を知らせていることもありますから、めまいとともに頭痛、嘔吐、手足の痺れ、視覚異常などが伴う場合は気をつけてください。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

めまいは三つのタイプに分けることができます。
一つ目は回転性のめまいです。メニエール病に代表されるめまいで、突然周囲がぐるぐる回り、吐き気や耳鳴りを伴うこともあります。
また、場合によっては耳がふさがった感じがしたり、聞こえが悪くなることもあります。
2つ目はいわゆる立ちくらみと呼ばれるもので、急に立ち上がったり、逆方向を振り向いたときにクラッとするめまいです。おふのの湯船から立ち上がるときに起こるめまいもこの類です。
3つ目は高血圧の人や過労の人、また精神的に緊張している人などによく見られるめまいで、じっとしていても、また動いていても突然フラッとするめまいです。
西洋医学では、安静にすることで改善されるようなら特別な治療はしませんが、それ以外の場合は行暈剤(めまいを止める薬)や鎮痛剤、安定剤などが処方されます。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

日常生活についてですが、めまいがしているときは外出などせず、家で安静にしていることをお勧めします。
また、新聞を読んだりパソコンなどの小さな文字を読むこともよくありません。
食事では、ジュース、アルコール、果物など身体を冷やすものはさけ、温かいうどんや煮野菜、湯豆腐などのやわらかい薄味のものを摂るようにしてください。水分のとり過ぎに注意しましょう。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

めまいの漢方の実例

漢方薬を使っためまいの症例

女性 36歳 めまい

中肉で貧血、冷え性の女性です。胃腸が弱く疲れやすいとのことでした。疲れるとめまいをよく起こすとのことで、来店しました。
めまいが起きると、立ってはいられないほどひどくなり、急に発症するので外出することもできなくなります。
新薬も試してみたのですが、根本的な改善にはならないので、漢方で体質を改善したいとのことでした。
冷たい飲み物や食べ物で、胃の調子が悪くなります。本人は胃に水がたまっているような感じがするとのことなので、これらを目標に漢方薬を15日分処方しました。
半年後に来店したときには大分調子がよいとのことでした。3ヶ月の服用が終わる頃には、めまいはまったくおきなくなったので、服用を中止しました。

吐き気を伴っためまいの症例

男性 35歳  めまい

一年前からめまいで悩まされているとの事です。病院でも何度か検査を受けたのですが、原因は分からないとのことでした。めまいはひどい時と軽い時がありますが、ひどいときは吐き気を伴います。
体格は中肉で神経質です。胃腸は弱く、揚げ物や辛い物を食べると胃がもたれたり、下痢をしたりします。
この方は中間タイプで、胃腸虚弱、吐き気を伴うめまいなどの症状から、漢方薬を処方しました。
一ヵ月後に来店したときには、めまいや吐き気が大分楽になったとのことでした。めまいの起きる回数も以前の3分の一くらいになったとの事です。
2ヵ月目の服用が終わる頃には、ほとんど症状が治まったとのことなので、服用を中止しました。

老人性のめまいの症例

女性 72歳  めまい

身体の小さな、声に力のない女性です。ここ数年、めまいで苦しんでいるとのことで来店されました。
病院で検査を受けても原因がわからないので、心療内科を受診するように言われました。しばらくは通院していたのですが、症状に変化が見られなかったので当店へ来店されました。
やせ型で冷え性、胃腸が弱く食欲もありません。身体も疲れやすく、不安感が強く、家事も以前のようにはできなくなったとのことでした。めまいが始まると起きていることができず、ひどい時は食べたものを吐いてしまいます。
この方は冷え性で虚弱タイプ の体質です。また、めまいと嘔吐があることから、虚弱タイプの漢方薬を30日分処方しました。
一ヵ月後に来店されたときには、以前よりも表情が明るく感じられました。この一ヶ月はめまいの回数も減り、吐くようなひどいめまいはなくなったとの事です。不安を感じることは少なくなり、家事も少しずつこなせるようになったとのことでした。
その後、半年ほどこの処方を服用していただきましたが、症状が大分落ち着いたとのことなので、服用を中止しました。

疲れるとめまいをよく起こしていたのが漢方薬で改善しました

女性 めまい

中肉で貧血・冷え性の女性です。胃腸が弱く疲れやすいそうで、疲れるとめまいをよく起こすとのことで来店されました。

めまいが起きると立ってはいられないほど酷くなり、また急に発症するので、外出することもできなくなります。

新薬も試してみたのですが根本的な改善にはならないので、漢方で体質を改善したいとのことでした。

漢方薬を服用して、半月後に来店したときには大分調子がよいとのことでした。

3ヶ月の服用が終わる頃にはめまいはまったく起きなくなったので、服用を中止しました。

ひどい生理痛、めまい、不眠などの症状が漢方薬を服用して改善

女性 24歳 生理痛 めまい 不眠

以前から生理痛が酷く、生理時のめまい、不眠、気持ちが悪い、不正出血などの症状で悩んでいました。
生理時に鎮痛剤を使用することもありますが、あまり効果がなく胃がもたれることもあるので、ほとんど服用することはないそうです。
ネットの情報で、体質に合った漢方薬は副作用の心配も少なく、穏やかに改善できることを知り来店しました。

この方には、ホルモンバランスを調え血流をスムーズにして生理痛、めまいなど生理時の不調を改善できるような漢方薬をお出ししました。
一ヶ月後には、生理痛が軽くなったとのことでした。
また、寝つきがよくめまいや気持ちの悪さも軽減しています。
その後も同じ処方を継続していただいていますが、生理痛はほとんどなくその他の症状も改善し、生理期が楽に過ごせるようになりました。

10年くらい前から悩まされていたひどいめまいが、漢方薬で改善

女性 48歳 めまい

10年くらい前から、突然起きるめまいに悩んでいました。
めまいは軽い時もありますが、ひどい時は目をつむっても頭がグルグル回る感じで、強い吐き気に襲われます。
以前は月に一回くらいの発症頻度だったのですが、最近は多いと一週間に1~2回くらい発症します。
病院にかかったことはありますが、良くならなかったとのことでした。

症状を詳しくお聞きして上で、毎日服用する漢方薬と、症状が出た時に頓服として服用する漢方薬もお出ししました。
二度目の来店時には、発作の頻度が少なくなり、症状もだいぶ軽くなってきたとのことでした。
その後も日ごとに改善がみられ、四ヶ月後には頓服の薬は使わなくて済むようになりました。
発作はほとんど起きなくなりましたが、漢方薬は毎日服用しています。

この方はとてもまじめな性格で、その分日ごろのストレスも過剰に受けていました。
漢方薬を服用してからは、気分も楽になり以前のようなストレスは感じなくなったそうです。

肩、首のこり、動悸、めまい、胃もたれなどで悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善

女性 50歳代 めまい

長いこと、肩、首のこり、動悸、めまい、胃もたれなどで悩んでいました。
この方の知り合いに同じような症状の方がいました、その方が漢方薬で良くなったと聞いて来店されました。

15日分の漢方薬を服用して、症状をお聞きしたところ、肩、首のこり、動悸、めまいなどの症状は改善してきました。
まだ、胃は変わらないとのことです。
さらに15日分をお出ししましたが、その漢方を服用し終わる頃には、胃の具合も良くなったとのことです。
漢方薬はその後も服用していますが、日ごとに体調は良くなっているそうです。

動悸・めまい・不安感が漢方薬を服用してから、改善しました

男性 40歳代 めまい 動悸

数ヶ月前から、突然始まる動悸やめまいに悩まされていました。
始めはそれほど気にならなかったのですが、徐々に発作の頻度が多くなり、それに伴って不安感も強くなっています。
一度、近くのクリニックに行きましたが、心臓や循環器には異常はないとのことです。
内科を紹介されましたが、行く時間もないし行きたくもないとのことでした。
今では、二、三日に一回は発作があります。

15日分の漢方薬をお出ししましたが、服用後の再来店時には、とても体調が良くなったとのことでした。
漢方薬を服用してからは、動悸もめまいも起きていないそうです。
また、不安感もほとんどなくなり、毎日が安心して過ごせるようになりました。
漢方薬はもう少し服用したいとのことですが、とても喜ばれています。

こうしたパニック障害のような症状で悩んでいる方は、最近増えています。
この方のように、漢方薬で早期に改善している方も多いので、同じような症状でお悩みの方は、一度試されるとよいでしょう。

長年、めまいと頭痛で悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善しました

女性 60歳代 めまい 頭痛

若いころから、めまいと頭痛で悩まされてきました。
特に、台風が近づいてきたり雨天の日は、めまいも頭痛もひどくなり、とてもつらいそうです。
鎮痛剤を服用するとある程度は楽になりますが、胃がもたれるのであまり使いたくはありません。
できれば漢方薬を服用して、めまいや頭痛から解放されたいとのことです。

いろいろと症状をお聞きすると、この方は水分を多く摂っていて、その割にトイレの回数は少ないとのことです。
そうしたことから、水分代謝が悪いことが、めまいや頭痛の原因と考えられました。。
そこで、水分代謝を調節してめまいや頭痛を改善できるような漢方薬をお出ししました。
服用し始めて一週間くらいは、尿の回数が多くなったそうです。
その後は、通常に戻ったそうですがそれ以来、めまいや頭痛が楽になってきました。
台風や雨天の日は、やはりめまいも頭痛もありますが、従来の一、二割程度で治まっているそうです。
漢方薬は、もうしばらく続けたいとのことでした。

この方は水毒といって、身体に過剰な水分がたまっていました。
そのことがめまいや頭痛をひきおこしていたと考えられます。
そうした水毒体質を改善したことが、症状の改善につながったのでしょう。

お身体の悩み