痔 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、痔は肛門部の血行不良(オケツ)ととらえています。つまり、身体の汚れた血液が肛門付近で停滞して起こると考えているのです。
痔に対しては、このようなオケツを改善し血の流れをスムーズにする漢方薬を用います。
また、下痢や便秘も痔と密接に結び付いているので、正常な排便を心がけることも大切です。
漢方薬の痔の薬は、患部の炎症をおさえ、止血作用、痛み、腫れなどに効果があります。出産後の痔にも安心して使えます。
漢方の外用薬を併用するとより効果的です。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

痔で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。痔で悩んでいても、なかなか病院へいけずに悪化させてしまうケースも多いと思います。
痔には内痔核、外痔核、裂肛、痔ろうがありますが、最も一般的なのは痔格(じかく)で、俗にイボ痔と呼ばれているものです。痔格には直腸内にできる内痔核と、外の見えるところにできる外痔核があります。内痔核はあまり痛みを伴わないのですが、外痔核は痛みを伴うことが多く、つらい思いをされている方も多いようです。
裂肛はいわゆる切れ痔のことで、排便時に肛門が切れることです。痔ろうは肛門に傷がついて、そこが炎症を起こし膿がたまってしまうことを言います。慢性化しやすく重症の場合は手術をするケースもあります。
西洋医学では、痔は便通を整えながら坐薬、軟膏、投薬などの薬物療法を用いたり、場合によっては外科的な処置が施されますが、こうした治療を行っても再発してしまうケースもあります。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

痔は肝臓とも関係していて、日頃お酒を飲むことの多い方は、痔の症状が出ているときは飲酒を控えることが大切です。
また、酒や刺激物の飲食など、特に原因がないのに痔が悪化したような場合は、肝機能の検査を受ける必要もあります。
痔の場合、食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎ、辛いもの、甘いもの、脂っこいものの摂りすぎ、ストレス、疲労、冷え、下痢や便秘などが原因となるので、慢性的に悪化しやすい方は、日頃これらの点に注意して生活することも大事です。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

痔の漢方の実例

長い間悩んでいた痔の症例

この方は、はじめは神経痛で来店されました。しばらく漢方薬を服用して、神経痛の症状はほとんど改善しました。
今度は痔の薬を服用したいとのことで相談を受けました。以前に、痔で有名な漢方薬局で長年服用していたのですが、なかなか治らないとのことでした。
痔核、いわゆるイボ痔です。出血や痛みはないのですが、排便の後にイボ痔が出ます。最初は小さかったのですが、次第に大きくなってきているとのことでした。
冷え性で特に足が冷えます。血圧も低く貧血症状もあったので、虚弱タイプの体質と判断して痔の漢方薬を処方しました。この処方は、血行を改善し、冷えにも効果があります。また、外用の痔の漢方の塗り薬も使っていただくことにしました。
1ヶ月後には腫れがだいぶ引いてきたとのことでしたので、同じ処方を続けて服用していただきました。今ではほとんど痔の出ることはなくなりました。

出産後の痔の症例

赤ちゃんを出産した時から、時々痔になるようになりました。イボ痔か切れ痔かはっきりわからないとのことです。
子育てや家事に追われる忙しさもあって、できるだけ手軽に服用できる痔の漢方薬が欲しいとのことでした。
症状として出血はほとんどないものですが、痛みが強いとのことです。生理痛が強く、冷え性で、生理不順があり、肩こりも強いです。妊娠中や出産後には、うっ血しやすくなるために、痔になる人はよく見られます。このような時に体質に合った漢方を用いると、身体に余計な負担をかけずに治療することができます。
この方はの場合、手軽に服用できる漢方薬を希望されたので、丸剤の痔の漢方薬を服用していただきました。この漢方薬は患部の炎症を抑え、止血効果があり、比較的即効性もあって幅広く使うことのできる処方です。
この漢方薬を服用して3~4日で痛みもだいぶ取れて、楽になったとのことでした。その後もしばらく続けてよくなったとのことなので、服用を中止しました。

お身体の悩み