生理痛 | お身体の悩み

漢方医学

自分に適した漢方薬を服用することで、つらい生理痛からも開放されるだけでなく、さまざまな婦人病の予防になり、結婚してからも不妊症や流産に悩まされる可能性が少なくなります。
生理痛は漢方では主に“お血ケツ”といって、血の流れが滞った状態が原因で起こると考えられています。患者さんに症状をお聞きすると、のぼせや手足の冷えを訴える方が多いですが、これらは「お血」が原因で症状が現れます。
漢方ではこのような場合に、血をきれいにして流れをよくするような処方を考えます。日頃から腹痛や腰痛が起きやすく、冷えのぼせがあり下腹部に圧痛がある 方には、血のめぐりをよくする漢方薬が用いられます。
貧血気味で下半身が冷えやすく、胃内停水(胃の中に余分な水がある状態)やむくみがある、虚弱タイプの方は血を増やし、身体をあたためる漢方薬が用いられます。また、生理前にイライラしたり怒りっぽくなって、のぼせたかと思うと急に冷えるというような症状を訴える方は 、気のめぐりをよくしてホルモンバランスを整える漢方薬を用います。
生理痛はひどくなると不妊症の原因になることもあるので、安易に考えずにしっかりした治療をおすすめします。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

生理痛は漢方の得意分野でもあります。毎月おとずれる生理は女性にとって、ただでさえうっとうしいものですが、生理痛の強い方には悩みの種です。
そもそも生理は、妊娠のために厚くなった子宮内膜が必要なくなり、はがれ落ちて経血とともに排出されることです。本来お腹や腰が重く感じることはあっても、痛むというのは異常なことといえます。
毎月鎮痛剤を服用している方も多いと思いますが、鎮痛剤は一時的なものでしかなく、根本的な改善にはなりませんし、胃を荒らすなどの副作用もあります。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

生理痛のときは、腰やお腹など下半身を冷やさないようにこころがけてください。下着やひざ掛けなどで温めるようにしましょう。
漢方では、生理痛の血の汚れによって起きると考えています。血の汚れの原因は、運動不足、食生活、ストレスがあげられます。
運動不足解消のため、適度な運動をして血の巡りをよくしましょう。ただし、生理中は激しい運動はさけるようにしてください。
バランスのとれた食生活をこころがけ、甘いもの、脂っこいものはできるだけ避けるようにしましょう。ダイエットは、生理痛を悪化させることもあるので気をつけてください。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

生理痛の漢方の実例

貧血、だるさのある生理痛の症例

生理の一週間くらい前になると、貧血、だるさ、めまいなどでの症状がでます。また、生理の量が多く生理周期も20日~24日と短く、生理痛もかなりひどいとのことでした。生理時には鎮痛剤を手放せません。
冷え性で痩せ型、疲れやすく胃が弱い方です。この方は、冷え性、痩せ型、疲れやすいなどの症状から虚弱タイプと判断して、漢方薬を処方しました。
一ヶ月の服用で、生理痛、生理前のだるさ、めまいが軽くなりました。何より生理痛が依然とは比較にならないほど、楽になっているのがうれしいとのことです。
三ヵ月後には、生理時でも鎮痛剤を服用しなくても過ごせるようになったそうです。生理前の不調もほとんど改善され、生理周期も25日~27日でくるようになっています。

情緒不安定を伴った生理痛の症例

強い生理痛と冷え性、生理前の情緒不安定で相談を受けました。10代のころから生理痛、冷え性は強く、数年前からは生理前になるとイライラしたり落ち込んだりするようになり、辛くなる一方とのことでした。
体格は普通ですが、生理前は家族や知人にあたる事もあります。生理時には鎮痛剤を服用していましたが、最近は胃がもたれるようになり、できれば服用したくないそうです。
この方は、問診から中間タイプと判断して、冷え性や生理痛を改善し、生理前のイライラや落ち込みを和らげる漢方薬を処方しました。また、同時に胃もたれにも効果のある処方を合わせました。
服用して一ヵ月後には、生理痛が楽になり胃がもたれることも少なくなってきたとのことでした。同じ処方を継続して服用し、4ヶ月後には生理痛はほとんどなくなり、冷え性や生理前の情緒不安定もほぼ改善できています。

お身体の悩み