生理痛 | お身体の悩み

漢方医学

自分に適した漢方薬を服用することで、つらい生理痛からも開放されるだけでなく、さまざまな婦人病の予防になり、結婚してからも不妊症や流産に悩まされる可能性が少なくなります。
生理痛は漢方では主に“お血ケツ”といって、血の流れが滞った状態が原因で起こると考えられています。患者さんに症状をお聞きすると、のぼせや手足の冷えを訴える方が多いですが、これらは「お血」が原因で症状が現れます。
漢方ではこのような場合に、血をきれいにして流れをよくするような処方を考えます。日頃から腹痛や腰痛が起きやすく、冷えのぼせがあり下腹部に圧痛がある 方には、血のめぐりをよくする漢方薬が用いられます。
貧血気味で下半身が冷えやすく、胃内停水(胃の中に余分な水がある状態)やむくみがある、虚弱タイプの方は血を増やし、身体をあたためる漢方薬が用いられます。また、生理前にイライラしたり怒りっぽくなって、のぼせたかと思うと急に冷えるというような症状を訴える方は 、気のめぐりをよくしてホルモンバランスを整える漢方薬を用います。
生理痛はひどくなると不妊症の原因になることもあるので、安易に考えずにしっかりした治療をおすすめします。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

生理痛は漢方の得意分野でもあります。毎月おとずれる生理は女性にとって、ただでさえうっとうしいものですが、生理痛の強い方には悩みの種です。
そもそも生理は、妊娠のために厚くなった子宮内膜が必要なくなり、はがれ落ちて経血とともに排出されることです。本来お腹や腰が重く感じることはあっても、痛むというのは異常なことといえます。
毎月鎮痛剤を服用している方も多いと思いますが、鎮痛剤は一時的なものでしかなく、根本的な改善にはなりませんし、胃を荒らすなどの副作用もあります。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

生理痛のときは、腰やお腹など下半身を冷やさないようにこころがけてください。下着やひざ掛けなどで温めるようにしましょう。
漢方では、生理痛の血の汚れによって起きると考えています。血の汚れの原因は、運動不足、食生活、ストレスがあげられます。
運動不足解消のため、適度な運動をして血の巡りをよくしましょう。ただし、生理中は激しい運動はさけるようにしてください。
バランスのとれた食生活をこころがけ、甘いもの、脂っこいものはできるだけ避けるようにしましょう。ダイエットは、生理痛を悪化させることもあるので気をつけてください。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

生理痛の漢方の実例

貧血、だるさのある生理痛の症例

女性 42歳 生理痛

生理の一週間くらい前になると、貧血、だるさ、めまいなどでの症状がでます。また、生理の量が多く生理周期も20日~24日と短く、生理痛もかなりひどいとのことでした。生理時には鎮痛剤を手放せません。
冷え性で痩せ型、疲れやすく胃が弱い方です。この方は、冷え性、痩せ型、疲れやすいなどの症状から虚弱タイプと判断して、漢方薬を処方しました。
一ヶ月の服用で、生理痛、生理前のだるさ、めまいが軽くなりました。何より生理痛が依然とは比較にならないほど、楽になっているのがうれしいとのことです。
三ヵ月後には、生理時でも鎮痛剤を服用しなくても過ごせるようになったそうです。生理前の不調もほとんど改善され、生理周期も25日~27日でくるようになっています。

情緒不安定を伴った生理痛の症例

女性 30歳 生理痛、冷え性

強い生理痛と冷え性、生理前の情緒不安定で相談を受けました。10代のころから生理痛、冷え性は強く、数年前からは生理前になるとイライラしたり落ち込んだりするようになり、辛くなる一方とのことでした。
体格は普通ですが、生理前は家族や知人にあたる事もあります。生理時には鎮痛剤を服用していましたが、最近は胃がもたれるようになり、できれば服用したくないそうです。
この方は、問診から中間タイプと判断して、冷え性や生理痛を改善し、生理前のイライラや落ち込みを和らげる漢方薬を処方しました。また、同時に胃もたれにも効果のある処方を合わせました。
服用して一ヵ月後には、生理痛が楽になり胃がもたれることも少なくなってきたとのことでした。同じ処方を継続して服用し、4ヶ月後には生理痛はほとんどなくなり、冷え性や生理前の情緒不安定もほぼ改善できています。

めまい、吐き気を伴った生理痛の症例

女性 26歳 生理痛

もう10年以上もひどい生理痛で悩んでいるとのことで相談を受けました。 冷え性で生理前にはイライラしたり、胸が張ります。胃がもたれやすく、鎮痛剤はなるべく使いたくないそうです。
生理痛以外でも、のぼせ、頭痛、めまい、吐き気などの症状でひどく悩まされます。
この方は、生理になると生理痛とともに、精神的に不安定になったりイライラする症状が顕著にみられるので、ストレスを和らげて「気」の流れを正常にして生理痛を改善する漢方薬を処方しました。
30日分の服用で、生理前のイライラや生理痛、頭痛、吐き気などの症状が大分楽になったとのことでした。
その後も同じ処方を継続していただいていますが、以前とは比べ物にならないほど生理痛が楽になっています。

強い生理痛と冷え性の症例

女性 25歳 生理不順

生理痛が強いとのことで、来店しました。事務職をしている方ですが、生理時には鎮痛剤もあまり効果がなく 、仕事にも影響してしまうとのことです。色白でやせ型、冷え性です。
生理は40日に一回くらいです。足のひえが特に強く、夏でも靴下をはいて寝ることが多いとのことでした。貧血の傾向があり、筋肉も軟弱な感じでしたので 虚弱タイプの漢方薬を処方しました。
一ヶ月後に来店したときには生理痛が半分くらいになったとのことでした。たまたま妹さんも同じように生理痛で悩んでいたので、この処方を服用したところ楽になったとのことでした。
それ以来、二人とも同じ処方を続けて服用していますが、今では生理痛もかなり楽になっているとのことです。

生理前のイライラ、生理痛から漢方で妊娠体質に

女性 25歳 生理痛

生理前のイライラと生理痛が強いとのことで来店されました。冷え性体質ですが、顔がほてりやすく頭痛もします。生理前になるとイライラや不安感が強くなり、情緒不安定になるとのことでした。生理痛はいつも強く、生理時には鎮痛剤を服用します。

結婚して2年になりますが妊娠したことはなく、そのうちに婦人科で検査を受けるつもりとのことでした。

この方には、ホルモンバランスを調えると同時に、ストレスを和らげ精神を安定させる漢方薬をおすすめしました。

30日分の服用で、生理前にイライラや生理痛が改善されらとのことだったので、しばらくこの漢方を服用していただくことにしました。

その後も調子がよかったので、同じ漢方を服用していましたが、約一年後に妊娠したとのことでした。結局、婦人科へかかることもなく自然に妊娠できたので、大変喜んでいられました。

最近、ストレスが原因で不妊症になっている方が多くみうけられます。漢方薬は、このようなストレス性の不妊症にも効果があります。

漢方で冷え性・生理痛・生理不順が改善され調子が良い

女性 44歳 生理痛

10代の頃から生理痛と生理不順に悩まされている女性です。生理時には頭痛、腰痛、腹痛が強く、 とくに2日目は鎮痛剤を服用しないと起きていられないほどひどいとのことです。しかし、鎮痛剤は胃に負担がかかるので、できれば服用したくないとのことです。

冷え性で秋口から春先にかけては、靴下をはかないと眠れません。生理周期は長く、35日~60日位で貧血もあります。生理痛の漢方を試してみたいとのことでした。

この方は普段仕事をしているので、できれば手軽に服用できるものが良いとのことでした。

そこで手軽に服用できる、シロップ状の漢方薬を服用していただくことにしました。 この処方は女性のための漢方薬といわれている、血を増やす効果がある生薬を主成分とした、液状のシロップ剤で甘くて飲みやすい漢方薬です。

しばらくこの漢方薬を服用して、生理が30日前後で来るようになり、生理痛や冷え性からも開放されて非常に調子が良いとのことです

吐くほど酷かった生理痛が漢方で改善

女性 23歳 生理痛

色白で声にも力がなくいかにも虚弱そうな女性で、生理痛がひどく時には吐くこともあるとのことでした。

血圧は低く上が100を越えることはありません。また肩こりや足の冷えが強く立ちくらみ・下痢しやすい・お腹もよく鳴るなどの悩みもありました。

立ち仕事なので、夕方になると足がむくむことがよくあります。

漢方を服用して2ヶ月後には生理痛もかなり楽になり、吐くこともなくなりました。足がむくむのもほとんど感じなくなりました。3ヶ月後には身体も温まり 、かなり調子が良いとのことです。

その後は本人の判断で漢方の服用を中止しましたが、9ヶ月を過ぎたころに生理痛がまたひどくなってきたということで再び来店されました。

そこでまた同じ漢方を服用していただき様子を見ることにしました。その後、半年間の服用で生理痛やその他の症状も楽になり、現在では服用回数を減らしましたが調子はかなりよいとのことです。

お身体の悩み