乾癬 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では乾癬の原因を主に「お血」(血の流れが滞っている状態)ととらえています。
「お血」になると、口が渇く、肌が荒れ、イライラなどの精神症状、生理痛や生理不順などの症状が表れます。「お血」の簡単なチェック方法として、目にくまができてるか、舌や歯茎が紫っぽくないか、舌の裏の血管が浮き出ていないか、おへその周りを押して痛くないか、手のひらや足の裏が赤くなったり、熱感がないかなどが「お血」を知る手がかりとなります。
乾癬はこの「お血」に「気」や「水」の滞りが絡んでくる場合が多く、「お血」の改善はもっとも重要といえます。「お血」が改善されてくると、乾癬とともにさまざまな不快症状も改善がみられます。
乾癬の漢方薬は「お血」を改善する効果があるので、根気よく体質にあった漢方治療を続けていけば、完治することは十分に可能です。決してあきらめないことが大事です。しかし、自己判断はせずに漢方の専門知識のある病院や、漢方専門薬局で相談することをおすすめします。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

 

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

乾癬はいまだにその原因がはっきりしていませんが、完治するのが難しく、長い間、苦労されている方も数多くいます。
中年以降の方に多く見られますが、最近では10代で発症するケースも増える傾向にあります。乾癬の約90%は尋常性乾癬と呼ばれているもので、境界のはっきりした赤い皮疹ができ、そのうえに白いかさぶたができます。
非伝染症ではありますが、見た目も汚くかさぶたもはがれやすいので、本人だけでなく周囲の人も不快にさせてしまうケースもあります。よくなったり悪くなったりを長期間繰り返します。また、ストレスが悪化の引き金になってしまうこともあります。
西洋医学では、紫外線を照射する光線療法、免疫抑制剤などの内服薬、ビタミンD3やステロイド剤の外用薬などを用いた治療法が行われています。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

最近、乾癬が増加傾向にあるのは、日本人が肉をよく食べるようになったからともいわれています。肉食は「お血」を作る原因にもなります。できれば、和食(特にイワシ、サバ、サンマ、などの青魚)を中心に摂る事をおすすめします。
また、乾癬は疲労やストレス、喫煙、寒さや乾燥、暴飲暴食などでも悪化したり再発する原因となるので、日常生活ではこうした点を気をつけるようにしてください。
※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

乾癬の実例

生理痛を伴った乾癬の症例

数年前に尋常性乾癬になったとのことで、来店されました。病院へは通っているものの、よい状態と悪い状態の繰り返しです。最近では少しずつひどくなっているように感じるとのことでした。
痩せ型の女性です、風邪をひきやすく、冷え性で
顔は赤く腫れたようになっていて、胸や背中も皮膚が赤くザラザラしています疲れやすいです。また、肌が荒れやすく生理痛も強いとのことでした。胸の上部と両足の膝から下に、乾癬特有の赤い湿疹が見られます。背中にもいくつか出来ているとのことでした。 
漢方では、乾癬は主にオケツ(血が汚れてよどんでいる状態)が原因と考えています。この方は肌荒れや生理痛など、乾癬の他にオケツの特徴的な症状も見られたので、血をきれいにして血行をよくする漢方薬を処方しました。
最初に当店で処方した漢方薬を2ヶ月ほど服用しましたが、症状にあまり変化は見られません。そこで、乾癬などお血を改善するだけでなく、冷え性などにも効果のある処方に変えて様子を見ることにしました。
一ヶ月後に来店したときには、痒みが減って乾癬の出方も以前よりは少なく感じるとのことです。冷え性も少し改善されています。その後も同じ漢方薬を服用していますが、現在ではほとんど悪くなることはなく、乾癬の症状も落ち着いています。

長年治らなかった乾癬の症例

8年前に病院で乾癬と診断されました。両肘、両膝をはじめ数箇所に赤い湿疹があります。また、それが薄片となって剥がれ落ちている部分もあります。
今まで病院で処方された乾癬の内服薬や外用屋を使用してきましたが、よくなったり、悪くなったりの繰り返しであまり効果はなく、最近ではだんだん乾癬が増えています。
肥満型でやや便秘勝ちです。悪いときは痒みが強くつらいとの事でした。顔の血色は悪く、肌の色も全体的にくすんでいます。
この方の乾癬も、顔色や肌の色などの症状からオケツ(血がよごれて流れが悪い状態)が主な原因と考えられます。血をきれいにして、お血を改善する漢方薬を処方しました。
この方は、漢方薬の服用を始めてから一ヵ月後には、痒みが減り見た目もきれいになってきました。その後も同じ処方の服用を継続しました。
4ヶ月後には、乾癬の症状が今までにないくらいに落ち着いてきました。
この方は数年たった現在も、漢方薬の服用を続けていますが、一年に1~2回悪化することはあっても、症状が軽くすぐによくなるとのことです。

お身体の悩み