慢性疲労症候群 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、慢性疲労症候群は精神的なストレスや疲労が原因で血の流れが悪くなり、引き起こされると考えられています。
疲労が重なると血の流れが悪くなって、身体に栄養が行き渡らなくなります。また、ストレスによって血液をめぐらすエネルギーのバランスが崩れて気力がなくなります。
漢方では、その方の体質や症状を把握したうえで、その方に合った適切な処方が用いられます。
精神的なストレスが原因で慢性疲労症候群になった場合は、ストレスを和らげて精神的なバランスを調え、症状を改善する処方を用います。
また、疲労から慢性疲労症候群になった場合は、体力を回復して根本的に慢性疲労症候群の症状を改善する処方を用います。
現代社会では、過剰なストレスや疲労を感じながら無理をして日常生活を送っている方が多いようです。このようなかくれ慢性疲労症候群のような方にも、漢方薬は非常に効果的です。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

慢性疲労症候群は、強い全身倦怠感が長いこと続いて社会生活に支障をきたしてしまう疾患です。症状としては主に、強い倦怠感、頭痛、微熱、精神神経症状などが上げられます。
慢性疲労症候群の原因は、さまざまなストレスから身体の神経系、免疫系、内分泌系などのバランスが崩れます。その結果、免疫力が低下して強い疲労感や倦怠感が引き起こされます。
最近は特に、日常生活、仕事、不景気などから慢性疲労症候群になる方が増えているように感じます。
西洋医学では、認知行動療法、段階的運動療法などに加えて症状に応じた薬物療法が行われます。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

普段から規則正しい生活を送るように心がけてください。疲れるからと、極端に休み過ぎるのはよくありません。
食事は米食を主体にして、野菜、きのこ、果物などを多めにしてバランスのよい食事を、規則正しく摂ることをおすすめします。夜の九時以降に夕食をとることは、できるだけ避けるようにしてください。
入浴はシャワーではなく、湯船につかり冷えた体を温めるようにしてください。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

慢性疲労症候群の実例

お身体の悩み