更年期障害 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、特有の病気を「血の道症」と呼んできました。更年期障害もその一つといえます。「血の道症」は、オケツといって血の流れが悪くなっておきる病気です。血の流れが滞ると、体内の水分の流れも悪くなり、むくみやめまいなどさまざまな症状を引き起こします。また、血の停滞は、気の流れも悪くします。気の停滞は、イライラなどの精神不安などを引き起こします。このため、更年期障害の色々な症状がおきてきます。
漢方の治療では、血をきれいにして血流を改善し、さまざまな不定愁訴を根本から治療します。更年期障害などの、「血の道症」をととのえるのは、漢方の得意とする治療分野です。
薬はその人の体質や症状によって違ってきます。きちんと診断を受けあなたに適した薬を使うことによって、快適な更年期を過ごすことができます。
更年期の“更”という言葉は「あらたまる、かわる」という意味です。あなたの体調、体質が変わる時期なのだと自覚し、自分の身体と上手に付き合っていきましょう。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

女性の卵巣の機能は35歳位から衰え、50歳前後で閉経を迎えます。そのため、40~50代には女性ホルモンのバランスが崩れ、更年期障害となります。
そのことによって、自律神経のバランスも崩れてきます。人によって更年期障害の症状はさまざまでのぼせ、頭痛、めまい、肩こり、イライラ、不眠、全身倦怠感など軽くすむ人もいれば、日常生活ができないほど思い症状に悩む方もいます。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

更年期は精神的に不安定になりやすいので、毎日リラックスして明るい気持ちで過ごすことが大切です。趣味や旅行、軽いスポーツなどで、ストレスを発散する時間をつくりましょう。
食事は、閉経するとカルシウムの呼吸が悪くなり、骨粗しょう症になりやすくなります。また、カルシウムは精神を安定させる効果もあるので、意識して摂るようにしましょう。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

更年期障害の漢方の実例

イライラが強かった更年期障害の症例

女性 48歳 更年期障害

見るからに憔悴しきった感じの女性です。顔色が悪く、ほほがげっそりとこけています。他県で一家の主婦としてがんばっていたのですが、一年ほど前から更年期障害によるイライラが強くなり、つには自分で感情が抑えられなくなってしまいました。
ご主人からは実家へ帰るように言われてしまいました。一週間ほど前に実家へ里帰りしたのですが、母親に勧められて来店しました。このままでは離婚されてしまうとのことで、かなり落ち込んでいます。
更年期障害の症状は、イライラが強く気持ちが落ち着きません。肩こりが強く生理は不定期です。食慾不振で疲れやすいです。体重も6kgくらい減ってしまいました。
この方の体型は痩せ型ですが、声にも力があり全体的にそれほど虚弱にはみえません。体力は中間タイプと判断して更年期障害の漢方薬を処方しました。一ヶ月後に来店したときには、だいぶ表情が明るくなっていました。更年期障害の症状が落ち着き、本人も具合がいいとのことです。3ヶ月ほど同じ処方を続けたところ、イライラすることもほとんどなくなったので、家族のもとに帰ってみるとのことでした。
その後3ヶ月ほど同じ漢方薬を服用しましたが、調子が良いとのことで、服用は中止しました。

更年期による不正出血の症例

女性 46歳 不正出血

更年期になると、ホルモンのバランスがくずれ生理が不順になったり、出血がダラダラ続いたりする方もいます。この方もその一例だといえます。
痩せ型で貧血、冷え性です。一ヶ月のうち25日くらいダラダラと生理が続くとのことでした。便通は一日一回ですが、小便が近いです。頭痛も頻繁にあるとのことでした。血圧は普通。肩こりが強く夏場は特に疲れやすいとのことです。
この方は、冷え性で貧血傾向もみられたので血を補い、止血作用のすぐれた漢方薬を処方しました。一ヶ月を服用した頃には出血もだいぶ治まり調子が良いとのことでした。その後、6ヶ月を過ぎる頃には生理も4~5日で終わるようになり、不正出血も治りました。同時に、冷え性もだいぶ改善されたので漢方薬の服用を中止しました。

更年期による不正出血の症例

女性 47歳 更年期障害

生理はここ一年とまっています。イライラ、頭痛、肩こりに悩まされています。
病院では更年期障害といわれました。ただ新薬は身体に合わず、服用したくないとのことで来店されました。 顔はほてったように赤く、血圧も高く、上はいつも160くらいあります。足は冷えますが、時々背中や胸に汗をかくことがあります。

この方は冷えと、熱が入り混じった症状がみられます。このような症状を漢方では「寒熱交雑」といって、 更年期によくみられます。それを目標に漢方薬を処方しました。

症状はしだいに良くなり3ヶ月後にはイライラ、頭痛、肩こりはほとんど気にならなくなったとのことでした。

現在は高血圧を対象にした処方を服用していただいています。

更年期障害からくるさまざまな症状が、漢方薬で改善

女性 57歳 更年期障害

2年前から更年期障害で苦しんでいます。急な発汗、手足の冷え、疲れやすい、めまい、頻尿、不眠など。また、寒い所にいると、急に気持ち悪くなることもあります。

一年以上病院にかかっていますが、あまり良くなることはありません。知り合いから漢方薬を勧められ、試したいとのことで来店しました。

漢方薬を服用始めて、20日後に来店した時には、寝つきが良くなってきたとのことでした。また、疲れも以前よりは感じません。その後も同じ処方を継続していただき、5ヶ月が経過しましたが、現在は体調がよくなり毎日を快適に過ごすことができるようになったとのことです。

汗については、以前よりは改善されていますが、まだすっきりはしていません。それ以外の症状については、かなりの改善がみられ、楽になっています。漢方薬はご本人の希望もあり、現在も継続中です。

最近は、男性の更年期障害の相談も増えています。男性でも女性でも、体質に合った漢方は自律神経のバランスを調えることで、自然に更年期障害のさまざまな不定愁訴を改善することが可能です。

お悩みの方は、一度漢方を試してみる価値はあると思います。

更年期障害と下痢で悩んでいましたが、漢方薬で改善

女性 52歳 更年期障害 下痢

更年期障害からくるのぼせ、情緒不安定、急に涙が出る、突然汗が出るなどの症状で悩んでいます。
また、普段から下痢をしやすいとのことでした。

漢方薬を服用してから、のぼせ、突然の発汗などの症状が楽になってきたとのことでした。
以前のようにイライラすることも少なくなっています。
ただ下痢はあまり変わらないとのことでしたので、下痢を改善できるように漢方を変えました。
三ヶ月後には更年期障害の症状も楽になり、下痢もほとんどしなくなりました。

更年期障害の様々な症状は、漢方薬で楽になるケースも多く、西洋薬との併用も可能です。
お悩みの方は、一度漢方薬を試してみる価値はあると思います。

オリモノや陰部の痒みで悩んでいました

女性 50歳台 オリモノ 陰部の痒み

50代の女性です。
オリモノや陰部の強い痒みで悩んでいました。
病院で検査をしても特に異常はなく、年齢からくるものだと言われています。
もともと冷え性体質でしたが、最近は特に酷くなり、トイレに行く回数も増えて困っているとのことでした。

身体を温めて、陰部の症状が和らぐような漢方薬をお出ししました。
一ヶ月分を服用した後に症状をお聞きしたところ、身体が温まっているのがよくわかるとのことです。
トイレの回数も減っています。
オリモノの分泌も半分くらいになり、それに伴って痒みも楽になっています。
その後も、同じ漢方を継続していただき、オリモノや痒みは、ほとんど気にならなくなりました。

更年期障害のホットフラッシュ、イライラ、生理不順、発汗などが漢方を服用して改善

女性 48歳 更年期障害 生理不順

48歳の女性ですが、更年期障害で悩んでいるとのことで来店されました。
一年程前から生理不順(40日~60日周期)が始まり、突然顔が熱くなってひどい汗をかきます。
また、特に理由もないのにイライラして家族に迷惑をかけることがあるそうです。
漢方薬でこうした症状を改善できれば、服用したいとのことでした。

症状をお聞きした上で、血の巡りを改善し、精神を安定させるような漢方薬をお出ししました。
漢方薬を服用してから、イライラと顔のほてりはすぐに改善してきたそうです。
その後生理周期も30日~35日になり落ち着いてきました。
漢方薬は続けて服用されていますが、症状は着実に落ち着いているとのことです。

お身体の悩み