アトピー性皮膚炎 | お身体の悩み

漢方医学

漢方ではアトピー性皮膚炎は、年齢や体質だけでなく、皮膚がカサカサしているのかジュクジュクしているのか、あるいは赤みが強いか強くないか、痒みが強いかなどの症状によって用いる漢方薬も違ってきます。
アトピー性皮膚炎の患部がカサカサしている方には、皮膚に潤いを与える漢方薬を、ジュクジュクしている方には、患部の余分な水分をとる漢方薬を用います。赤みが強い場合は熱が内部にこもっていると考え、熱を冷ます漢方薬を用います。
アトピー性皮膚炎で、来店される方は長い間通院して、さまざまな薬を用いていることが多いです。その結果、自己免疫力が落ちてしまい、自分自身で炎症を止めることができなくなっています。
最近の傾向として、免疫力を高め体力をつける漢方薬を用いることによって、アトピー性皮膚炎が改善されています。
西洋医学的な治療に比べて時間はかかりますが、根本的な体質改善をすることができます。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

 

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

最近、アトピー性皮膚炎の患者さんがとても増えています。老若男女を問わず悩んでいる方は多いようです。
免疫機能の低下、ストレス、食品添加物、水や空気中に含まれるわずかな化学物質、いろいろな要因はありますが、はっきりした原因はわかっていません。
アトピー性皮膚炎は、身体の防という衛機能が過剰に反応して湿疹という形で現れたものです。
治療法として、よく外用にステロイド剤を塗ったり、ひどい人は内服も使用します。ステロイド剤は炎症を抑えるのに、とてもすぐれた薬ですが、ホルモン剤のひとつで外から与えることによって、私たちの身体は自分の中でそのホルモンを作らなくなってしまいます。あくまでもアトピー性皮膚炎の対症療法で、根本的な治療にはなりえないのです。
西洋医学では無月経にホルモン剤を使う?治療が行われます。また、精神的な要素が強いときには、カウンセリングなどを行うこともあります。
ステロイドは急にやめるとリバウンドを起こしますので、漢方を併用しながら少しずつやめるのが理想的です。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

アトピー性皮膚炎の場合、原因となっているアレルゲンを避けることが大切です。漢方で体質改善をすると、アレルゲンとなっている食べ物をとっても大丈夫というケースも多く見られます。
肉類や動物性の脂肪、ケーキやチョコレートなどの甘いものは避けるようにしましょう。魚介類や緑黄色野菜を、食事に多く取り入れるようにしましょう。
ストレスも悪化させる原因になるので、リラックスしたり、ストレスを発散させるように心がけましょう。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

アトピー性皮膚炎の漢方の実例

ストレスから悪化したアトピー性皮膚炎の症例

男性 29歳 アトピー性皮膚炎

小さいころからアトピー体質だったのですが、そのころは、それほどひどくはありませんでした。
半年ほど前に転職したのをきっかけに、職場の雰囲気になじめずにイライラしたり不眠に悩まされるようになりました。それと同時にアトピー性皮膚炎が悪化し始めました。
顔は赤く腫れたようになっていて、胸や背中も皮膚が赤くザラザラしています。 
この方は、中肉中背、体力は普通にあり胃腸も特に弱くはありません。そうしたことから中間タイプと判断しました。そして、中間タイプに用いる処方でストレスを和らげて、アトピー性皮膚炎の体質を改善する漢方薬を処方しました。漢方成分で作られた軟膏も併用していただきました。
漢方の軟膏は、ステロイド軟膏のような強い作用はありませんが、副作用の心配も少なく安心して使用することができます。
15日後に来店したときには、アトピー性皮膚炎の症状に変化はありませんでしたが、以前よりも気持ちが安定して、夜も寝られるようになってきたとのことです。そのまま同じ処方を継続し、一ヶ月後には痒みが楽になってきました。顔の腫れもひいてきて、背中や胸もだいぶきれいになっています。
 半年後には、肌は健康な状態と変わらなくなり、痒みも治まりました。

痒くて夜も寝られないアトピー性皮膚炎の症例

女性 21歳 アトピー性皮膚炎

生まれて間もないころからアトピー性皮膚炎でしたが、今までステロイド軟膏はあまり使わずに過ごしてきました。
ところが、最近になって症状が悪化してきました。見た目はそれほどひどくないのですが、夜中になると患部が熱をもって痒くなり、毎晩のように目が覚めます。ステロイド剤はなるべく使わずに、漢方薬で改善できればと思い来店されました。
顔がほてるのですが、身体全体は冷え性で血圧が低くかなり疲れやすいとのことです。こうした症状から虚弱タイプと考えられます。そこで、痒みを和らげることを第一に考えて、虚弱タイプに用いる処方で、患部の熱をさまし痒みをおさえるアトピー性皮膚炎の漢方薬を作りました。
15日後の来店時に症状を聞くと、以前よりは痒みが楽になり、夜中に目が覚めることが少なくなってきたとのことです。また、皮膚全体がカサカサしていたのに、潤ってきた感じがするとのことでした。
このまま同じ処方を継続し、4ヶ月後には痒みは楽になり夜も寝られるようになりました。

夏の暑さでひどくなったアトピー性皮膚炎の症例

男性 24歳 アトピー性皮膚炎

幼少期にアトピー性皮膚炎になっていましたが、その後は痒みや皮膚炎の症状もなく落ち着いていました。
ところが、夏場の暑さで汗をかくようになり、アトピー性皮膚炎の症状が悪くなり始めました。顔面、首、腕、上半身といたるところが赤くただれたようになっています。痒みは強く書き崩すとジュクジュクとしてそれが乾くとかさぶたになります。
筋肉質で体力があり、声にも力があることからガッチリタイプと考えられます。
この方は、発汗しやすい体質や、ジュクジュクする皮膚炎から皮下に過剰な水分があると考え、ガッチリタイプに用いる処方で、皮膚の余分な水分を取り、痒みを抑える漢方薬を処方しました。
はじめの一ヶ月は症状の変化は見られませんでしたが、二ヶ月目から徐々に痒みや皮膚炎が軽減し始めました。その後、やや悪化することもありましたが、半年後には改善しました。

アトピー性皮膚炎で胃腸が弱く下痢しやすい方が漢方で改善

女性 27歳 アトピー性皮膚炎

長いことアトピー性皮膚炎で悩んでおられ、痒みがひどい時だけステロイド軟膏を使い、それ以外は非ステロイドの軟膏で抑えてきたとのことです。

3~4年前から、次第にステロイド剤も効かなくなり、入浴後や就寝後は特に症状が悪くなり、2日に一回は痒くて眠れない状態。

また、最近はストレスのせいか頻繁に下痢をするとの相談でした。

ホームページで当店を知り、来局されました。この方は胃腸が弱く下痢もしやすいとのことでしたので、胃腸の働きを補いながら漢方薬をおすすめしました。

15日分の服用で、痒みやアトピー性皮膚炎の症状に変化は見られませんでしたが、下痢をしなくなったとのことでした。さらに同じ漢方を15日分継続したところ、入浴後や就寝後の痒みが減ってきたとの話がありました。

3か月の服用で、以前のような痒みに悩まされることは、ほとんどなくなったそうです。また、漢方の軟膏も併用したところ、ステロイド軟膏の使用量が半分程度に減らすことができました。

お身体の悩み