生理不順 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、生理不順は「血」の異常や精神的なストレスが主な原因と考えています。
もともと貧血体質だったり過剰なダイエットをしていると、身体の血が不足した「血虚」という状態になります。このような場合、生理が遅れがちになったり(稀発月経)、無月経になることがあります。漢方治療としては、身体の血を補う効果のある漢方薬を用います。
また、身体に血液が十分にあっても血液そのものがよどんでいて、血流が悪くなり、生理不順になることがあります。このようなときは月経周期が短くなり、ひどいときは一ヶ月に2度も3度も生理がくるようになります。このような生理不順の治療には、血をきれいにしてホルモンバランスを調えるような漢方薬を用います。
ストレスや精神不安から生理不順になるときは、精神を安定させホルモンバランスを調える漢方薬を用います。
子宮や卵巣の発育不全には、子宮や卵巣の働きを活発にする漢方薬が用いられます。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

生理周期や生理の期間が不安定だったり、生理の量が多かったり、少なかったりすることを生理不順といえます。
生理不順に悩まされている女性はかなり多いですが、一番の原因はホルモンバランスの崩れが考えられます。初潮後の1~2年はまだ卵巣の働きが十分でないため、生理不順になりやすいですし、更年期に差し掛かるころもまた、生理不順になりやすいといえます。
初潮になって数年たっても、生理不順が改善されない場合は、子宮や卵巣の発育不全、子宮筋腫や子宮内膜症などの原因も考えられるので、そのような場合は婦人科での検診を受けた方が良いでしょう。
また、生理不順はストレスや環境の変化が原因となることも多く、精神的な悩みが原因で生理が止まることもよくあることです。
正常な生理は25~30日周期で、5~7日間続くのが正常な範囲のものです。これらの範囲を超えていれば生理不順といえます。
西洋医学では、主にホルモン注射やホルモン剤などを服用する治療法が用いますが、症状によっては排卵誘発剤やピルなどを使うこともあるようです。ただし、こういった生理不順の治療法は根本的な治療とはいえません。場合によっては体内のホルモンを作る機能が衰え、かえってホルモンバランスを崩す原因にもなりかねません。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

生理不順を治すにはホルモンバランスを整え、余計なストレスをためないことが大切です。
 そのためにはバランスのとれた規則正しい食生活を心がけ、十分な睡眠を取る事が必要です。薬に頼るだけでなく、生活面での改善も大切なポイントとなります。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

生理不順の漢方の実例

冷えによる生理不順の症例

女性 35歳 生理不順

冷え性と生理不順がひどいとのことで来店されました。疲れやすく首や肩のこりがひどいとのことです。
生理は20日前後でくることもあれば、35日くらいの周期になることもあります。生理痛が強く、時々めまいや立ちくらみがします。生理前になるとイライラして、怒りっぽくなります。
この方は冷えの症状が強く、血液循環も悪かったので、身体の血を増やし血の巡りをよくする漢方薬を処方しました。
一ヶ月分の服用で生理痛や肩こりが楽になってきたとの事です。このまま、同じ処方を服用し、3ヶ月後には生理が28日~30日でくるようになりました。生理痛も以前の3分の一くらいになりました。

生理痛の強い生理不順の症例

女性 24歳  生理不順

痩せ型で血色の悪い女性です。生理不順で悩んでいるとの事で、来店しました。
生理周期は22日~25日、基礎体温表をつけたところ高温期がハッキリせず、排卵がよく分かりません。
冷え性でのぼせやすく胃が弱いとのことです。生理痛が強く、生理時には鎮痛剤を服用しています。また、日頃から神経質でイライラしやすいとのことでした。
この方は、冷え性でイライラが強いことから、身体の血を増やしストレスを和らげる漢方薬を処方しました。
一ヶ月後には、冷え性やイライラが楽になりました。その後も同じ処方を続けました。3ヶ月後には生理が25日~28日の周期で来るようになり、生理痛も楽になって鎮痛剤の必要もなくなりました。その後、2ヶ月ほどで全快と判断して、漢方薬の服用を中止しました。

低体温の方の生理不順の症例

女性 42歳  生理不順

体温が35度台と低く、生理周期も毎回14日~25日できてしまうとの事で来店しました。体格は普通、冷え性で怒りやすく生理時には下痢をします。生理痛も強いのですが、鎮痛剤は胃がもたれるので服用できません。
生理前にはイライラしやすくなり、子供やご主人に当たってしまうとのことです。
この方は、低体温で血行が悪いために、ホルモンバランスが崩れて生理周期が短くなっていると考えられます。そこで、身体を温め、血を補い血行をよくする漢方薬を処方しました。
服用を始めて3ヶ月は具合がよかったのですが、生理の量が少なくなり生理前のイライラも変化がありません。
最近は、日常生活や仕事上のストレスも多く、睡眠時間も十分に取れないとの事です。今回は、ストレスを和らげホルモンバランスを調える漢方薬に変えました。その後は、生理前のイライラも感じなくなりました。
4ヶ月の服用で体温も36度台になり、冷えも大分楽になってきました。生理周期も20日~30日と少しずつ生理不順が改善されています。

お身体の悩み