逆流性食道炎 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、逆流性食道炎はストレスや水分代謝の異常が原因と考えています。
精神的なストレスがあると、気の流れが悪くなりイライラや不安感が強くなります。その結果、食べ過ぎたり飲みすぎたりして胃酸が必要以上に分泌され、胃の動きが悪くなり、げっぷや胃液の逆流が起きやすくなります。
このような逆流性食道炎の症状は、ガッチリタイプや中間タイプの方に多く見られますが、漢方ではこういったケースでは、ストレスを和らげ胃の動きを改善する漢方薬を用います。
また、体内に過剰な水分があると、内臓が冷えてしまい胃内停水(胃の中に余分な水がたまること)になることがあります。胃の中の余分な水が胃液となって逆流し、食道粘膜を傷つけます。
このような逆流性食道炎の症状は、胃腸虚弱だったり、比較的体力のない虚弱タイプの方に多く見られます。
この場合、過剰な水分を体外に排出し、胃の動きと共に体力をつけるような漢方薬を処方します。
漢方薬を服用することで、逆流性食道炎の症状だけでなく、消化器全体の機能が改善され、身体全体の調子も整うようになります。さらに、緩んでいる噴門を引き締めて、胃液の逆流を防ぐ効果もあります。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

逆流性食道炎は、胃液が逆流して食道粘膜に炎症を起こす病気です。
食道と胃の間にある。噴門という部分が緩むことで、胃液が逆流しやすくなります。
以前は、逆流性食道炎は高齢者に多い病気でしたが、最近では肉類を中心とした食生活の欧米化や肥満症の人の増加もあり、若い人にも増えています。
逆流性食道炎の初期症状としては、げっぷや胃の不快感、酸っぱいものがこみ上げる感じなどですが、症状が進んでくると胸やけや胸の痛み、飲み込むときの痛みなどが現れま す。
西洋医学では、逆流性食道炎の治療は胃酸の分泌をおさえる薬や粘膜を保護する薬を用いますが、あまり効果のえられないことも多くあります。また、長期間の服用で副作用がでることもあります。
体質にあった漢方薬を服用することで、逆流性食道炎の自覚症状を改善し、弱った臓器の機能を回復する効果が期待できます。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

逆流性食道炎の場合、日常生活でも身体を冷やさないことが大切です。身体が温まれば胃の働きもよくなり、胃酸の分泌量も整います。
また、過剰なストレスも食べ過ぎやアルコールの飲みすぎの原因となるので、ためないようにしましょう。
食生活は、コーヒーやアルコール、香辛料の強いものはさけてください。腹八分目の量を心がけ、夜食や間食をさけ胃を休める時間を作るようにしましょう。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

逆流性食道炎の漢方の実例

うつ症状を伴った逆流性食道炎の症例

男性 63歳 逆流性食道炎

数年前から胃腸の具合が悪く、病院で診察を受けたところ、逆流性食道炎と診断されました。
その後、3年くらい通院したのですが、症状が改善しないとのことで来店しました。
中肉中背の方で、疲れやすいです。また、うつ症状があり気持ちが落ち込みやすいので、病院から安定剤も処方されています。
主な症状は、胃液が上がって食欲がないとのことでした。寒がりで疲れやすく生ものや冷たい飲食物を摂ると、すぐに下痢をします。
この方には、はじめ気持ちを安定させて、胃液の逆流を抑える漢方薬を処方しました。
ところが、一ヶ月の服用で症状に変化はありません。
このときの話では、最近、疲れやすく体力がおちているとの事でした。そこで、今度は胃腸を中心に身体を温めて、体力を補い、逆流性食道炎の症状を改善する漢方薬に変更しました。
一ヵ月後には、胃液の逆流が少なくなって食欲が出てきたとのことでした。疲れも以前より感じなくなって、元気になった感じがするとのことでした。
その後も同じ処方を続けて、4ヵ月後にはほぼ胃液が上がってくる症状は改善しました。

虚弱体質の方の逆流性食道炎の症例

女性 48歳  逆流性食道炎

小柄で痩せ型の女性です。以前から胸やけや頻繁にゲップが出て悩まされていました。また、ときどき胃液が上がって、胸がヒリヒリすることもあります。
近くの病院で検査をしたところ、逆流性食道炎と診断されました。胃腸薬を処方されたのですが、症状が改善しないとのことで来店しました。
冷え性で疲れやすく、てんぷらやフライなどの揚げ物を食べると、ゲップや胸やけ、胃液の逆流などの症状がひどくなります。
そのため、好きなてんぷらもほとんど食べることができません。
この方は、胃に過剰な水分があり、胃腸が冷えていると考えられます。
そこで胃腸を温め、胃にたまった過剰な水分を体外に排出し、体力を補うような漢方薬を処方しました。
半月後には、胸やけやゲップが以前の3分の一くらいになり、胃液の逆流もかなり減少しました。
その後も、同じ処方を服用し、3ヶ月で逆流性食道炎の不快症状はほとんど見られなくなりました。ただ、てんぷらなどを食べると症状が悪化するので、漢方薬の服用を継続しています。

冷え性の方の逆流性食道炎の症例

女性 42歳 逆流性食道炎

病院で逆流性食道炎の診断を受けたとのことで、来店されました。

体格は中肉中背ですが、かなりの冷え性です。物を食べると胃がむかついて喉につかえる感じがあります。ゲップが異常に多く出て、いつも胃の辺りが気持ち悪いそうです。朝晩は足が浮腫みやすく、いつも胃に水がたまっている感じがあります。

この方はかなりの冷え性ですが、この原因は体内に過剰な水分がたまっていると考えられます。そこで、過剰な水分を体外に排出して逆流性食道炎を改善する漢方薬を処方しました。

漢方薬は顆粒と煎じ薬がありますが、この方はそれぞれ20日分ずつをお持ちになりました。40日後に来店されたときには、逆流性食道炎の症状がかなり改善されているとのことでした。顆粒と煎じ薬を服用して、煎じ薬のほうが効果があるとのことでしたので、その後は煎じ薬を服用しています。

お身体の悩み