口内炎 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、口は胃腸と密接な関係があると考えています。胃腸に炎症があると、その熱が口内炎を起こしていると考えています。
治療には、胃腸の炎症を抑える漢方薬を使います。
ガッチリタイプの口内炎は口臭が強く、口の中が粘ついたり、便秘をしたり、咽喉が渇いてたくさんの水を欲しがります。このような場合は黄連(オウレン)という、胃腸の熱を冷ます作用のある生薬を含んだ漢方薬を用います。
虚弱タイプの口内炎は、食欲があっても胃が受けつけなかったり、口の中が?乾燥していることが多く、痛みは強くなくても再発を繰り返すケースが多くみられます。このような場合は胃の動きをよくしたり、口の中を潤すような漢方薬を処方します。
身体全体の体力が衰えて、口内炎をおこしている場合は、身体の熱さまし体力をつける漢方薬を用います。
口内炎が出来やすかったり、いつまでも治らない方は、漢方薬で胃腸の働きを高め体力をつけることによって根本的な治療ができます。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

漢方医学

西洋医学

口内炎は、口の中や舌がただれたり、炎症を起こす病気です。
口内炎ができると、食べ物や飲み物がしみて痛みをともないます。すぐに治るときもありますが、なかなか治らず食事のたびに不快な思いをします。
口内炎は口の病気とみるだけでなく、身体全体の体力がおちている時に現れる病気です。
また、胃腸の働きが衰えているときにも口内炎はできやすくなります。食べ過ぎたり、飲みすぎたり、ストレスなどで胃腸の働きが悪くなると口内炎ができやすくなります。
自然に治ることも多いですが、いつまでも治らなかったり再発を繰り返す場合は治療が必要となります。
西洋薬の治療は、直接口内炎の患部に薬を塗ったり、保護したりします。また、ビタミンBの服用などによって口の粘膜を強くします。
口内炎は、膠原病の一種であるベーチェット病が原因となっているケースもあるので、長期に治療しても治らなかったり、口内炎と共に陰部の潰瘍や神経障害などの症状があるときには、早めに病院で検査を受けることをおすすめします。
ベーチェット病は、進行すると失明するケースもある怖い病気ですが、漢方薬が有効なケースも報告されています。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

バランスの良い食生活は、口内炎の予防に大切なことです。
特にビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、タンパク質などは不足しないようにした方がよいでしょう。
レバー、バター、卵、人参、ほうれん草、チーズ、果物、イモ類、大豆食品などを積極的にとるように心がけましょう。
また、十分な睡眠をとり身体に余分な負担をかけないことも大切です。うがい薬や濃い番茶などで一日に数回口をすすぎだけでも予防効果が期待できます。
※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

口内炎の漢方の実例

ストレスによる口内炎の症例

女性 56歳 口内炎

昔から口内炎ができやすくつらいので、口内炎ができないような体質に改善したいとのことで来店されました。
中肉、中背でやや肥満タイプです。血色もよく血圧も普通で、見た目は健康そうな方です。
便通は一日2~3回で軟便のときもあります。胃の状態はあまりよくありません。
普段からイライラしたりストレスを感じる性質で、神経を使ったときに口内炎ができるような気がするとのことでした。また、そんなときは胃の具合も悪く、口臭も気になるとのことです。
この方の場合は中間タイプで、胃に熱があると考え、胃の熱をさましストレスを和らげる漢方を処方しました。15日分を服用して症状を聞くと、口内炎はいいようだとのことでした。その後も同じ処方を服用し、2ヵ月後には胃のもたれや、むかつきもなくなり、頻繁にできていた口内炎も全くできなくなったとのことでした。
その後は回数を減らして服用していますが、口内炎ができなくなると同時に胃腸の調子もよくなっています。

食べ過ぎによる口内炎の症例

男性 20歳  口内炎

一度できた口内炎がいつまでもよくならないとのことで、来店されました。普段から時々口内炎ができやすいとのことです。いつもなら自然に治るのが、今回は治らないばかりか、口内炎の数が増えているとの事です。
やや肥満型で、便秘症です。胃腸は丈夫ですが、普段から食欲旺盛で非常によく食べてるとのことでした。今回、口内炎ができても食べる量は相変わらずとのことでした。
この方のように、比較的体力があり、肉類などを好む場合に発症する口内炎は、胃に熱を持っていることが原因で発症していると考えられます。そこで、胃の熱を取り炎症を抑える効果のあるガッチリタイプの漢方薬を処方しました。また、食べる量を控えめにして、肉類や香辛料の強い食事は制限するようにアドバイスしました。
10日分を処方したのですが、10日後に来店したときには完治していました。ご本人の話ではあれほどつらかった口内炎が、漢方薬を服用して4~5日でよくなったとのことでした。

胃腸虚弱による口内炎の症例

女性 45歳  口内炎

普段から胃腸が弱く、疲れやすい方です。今までも口内炎ができやすかったのですが、今回は一ヶ月近く治らずに、つらいということで来店されました。
口内炎の数もだんだん増えてきたとの事です。

見た目は中肉中背で中間タイプに見えたのですが、症状をうかがうと冷え性、胃腸虚弱、疲れやすい、下痢をしやすいなど虚弱タイプでした。

漢方としては虚弱タイプの漢方薬で、胃腸の働きを高め、身体に元気をつける(気を高める)薬を10日分処方しました。

漢方に「口腔は脾(消化器)に支配される」という言葉があり、口内炎は胃腸の機能を高めることで、改善されます。

10日後に来店されたときに、服用して3日ぐらいで痛みが治まり、10日分を服用し終わる頃にはだいぶよくなったとのことでした。
さらに10日分を服用していただき、完治したので服用を中止しました。

お身体の悩み