パーキンソン病 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、パーキンソン病による筋肉の硬化や震えは、「肝」の働きが弱まって起こると考えられています。「肝」は、筋肉と密接な関係があります。
「肝」の働きを弱める原因はいろいろあります。たとえば、ストレスや疲労、飲酒や西洋薬の服用などです。
「肝」と筋肉の関係は、ひどく疲れているときや肝炎の病気をもっているときなどは「肝」の働きが弱くなり、足などのひきつれをおこすことからもわかります。漢方では、「肝」の働きが弱くなると、パーキンソン病の方によくみられる、イライラ、怒りっぽい、不眠、うつ症状があらわれることがあります。
パーキンソン病の漢方処方としては、筋肉が硬くなって、震えたり、怒りっぽいなどの症状を改善し、筋肉の緊張を和らげるような鎮痙作用の強い処方が用いられます。また、イライラなどの精神症状が原因となっているようなときは、精神的な緊張感をやわらげて、パーキンソン病の症状を改善するような漢方薬が用いられます。漢方治療は症状の治療とともに、そのほかの自覚症状、頭痛、イライラ、食欲不振、頻尿など総合的に判断して、一人ひとりの体質にあった治療をおこないます。
パーキンソン病の漢方薬は、初期の段階で症状を抑えることができますし、治療中のかたは治療薬の副作用を軽減したり、薬の量を減らすことができます。また、症状が改善しているケースも多く見られるのでこの点においても、漢方治療を試みる価値はあるといえます。
自己判断で漢方を服用しても思うような効果が得られることは少ないので、漢方を服用する場合は、漢方の知識のある専門薬局や病院で相談されることをお勧めします。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

 

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

パーキンソン病は手足が震えたり、筋肉がこわばるなどの運動障害がおもな症状です。始めは顔や首などの筋肉が固まり、やがて全身の筋肉が硬化していきます。
パーキンソン病は2000人に一人の割合で発病し、中年以降のひとに多くみられます。パーキンソン病は難病にも指定されています。パーキンソン病の原因はまだ解明されていませんが、ストレスや加齢、性格などが発症に関係していると考えられています。
西洋医学では、パーキンソン病は不足している脳内神経伝達物質のドーパミンを薬で補う治療が主に行なわれています。この治療法でもかなりの改善が見られるケースもありますが、ドーパミンは薬量の調節が難しく、震えが強くなってしまうこともあります。また、身体の動きが急に悪くなったり、症状の波が大きくなったりします。人によっては、幻覚、食欲不振、吐き気、不整脈などの副作用が見られることもあり、長期に服用できないケースもあります。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

日常生活についてですが、パーキンソン病は気長に付き合うつもりで、今までどおりの生活を維持するようにしましょう。
また、散歩や軽い体操などを取り入れストレスを発散するようにこころがけましょう。飲酒をひかえ、疲れをためないようにしましょう。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

実例はこちら↓

日常生活

パーキンソン病の実例

ストレスを伴ったパーキンソン病の症例

5年前にパーキンソン病と診断されました。しばらくは落ち着いていたのですが、だんだん症状が悪化してきました。服用している西洋薬の量も増えてきて、このままではよくないと思い漢方薬も併用したいとのことで来店しました。
最近では、パーキンソン病の症状が進行し左側の手足が震えたり動きづらいなどの症状がひどくなっています。また、精神的にイライラしたり不安になったりするとより症状が悪くなります。足もつりやすくなり歩きにくいとのことです。
この方は、中肉中背で冷えなどの症状もなく、胃も弱くはありません。こうしたことから中間タイプと判断し、中間タイプに用いる処方でストレスを和らげパーキンソン病の症状を改善する漢方薬を処方しました。
始めの一ヶ月はあまり変化が見られないとのことでしたが、何となく精神的なイライラや不安感が楽になった気がするとのことでした。その後も同じ処方を継続していただきました。3ヶ月後には手足の振るえや足のつる症状が落ち着いてきました。西洋薬の服用量も少し減らしてみたけどあまり影響が出なかったとのことです。
現在も、同じ漢方薬を続けて服用されていますが、パーキンソン病の症状は落ち着いています。

西洋薬があまり利かなかったパーキンソン病の症例

2年前に字が書きにくくなり病院へ行ったところ、パーキンソン病と診断されました。しばらくは病院で処方された西洋薬を服用していたのですが、思うような効果が上げられず、パーキンソン病の症状は徐々に進行していました。
何とかしたいと思っていたところ、当店のホームページを見て来店されました。
痩せ型で汗をかきやすく神経質です。また、身体が冷えやすく胃がもたれやすいです。最近では歩く速度も遅く動作も緩慢になっています。右の手や足も震えるようになってしまい、仕事にも支障が出ることがあるそうです。紙に名前を書こうとしても、思うように字が書けません。痩せ型で身体が冷えやすく、胃が弱いことから虚弱タイプと考えられます。
この方は身体の筋肉が硬く震える症状が強かったので、虚弱タイプの処方で筋肉の緊張を和らげる作用のある漢方薬を処方しました。
一ヶ月の服用でかなり改善が見られました。手足の振るえが少なくなり、手も以前より動くようになってきました。名前も一ヶ月前よりもスムーズに書けるようになっています。
その後も同じ処方を続けていますが、服用している西洋薬の量も少しずつ減ってきて、体調も安定してきています。

お身体の悩み