風邪を引きやすい人 | お身体の悩み

漢方医学

漢方では、風邪を引きやすい人でも、症状に合った処方を服用することで、体質を改善することができます。
風邪の症状は鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、のどの痛みなどが見られます。これらの症状は、漢方では「肺」の機能が弱っている状態と考えます。「肺」を強化することが、風邪をひきにくい体質づくりにつながります。
漢方では、「肺」と皮膚は密接な関係にあると考えています。乾布摩擦などで、皮膚をきたえることによって、「肺」を強くすることができます。
また、漢方薬のなかにも、“オウギ”という生薬が皮膚の防衛力を強化する働きがあります。補中益気湯(ホチュウエッキトウ)や衛益顆粒(エイエキカリュウ)などにはこの“オウギ”が含まれていて、風邪を引きにくくする体質改善薬として知られています。
風邪を引いた場合は、その症状に適した漢方薬を服用しますが、健康な時に漢方薬を服用することで、免疫力を高めることができます。
子供の場合でも、風邪を引きやすいという相談をよく受けます。小さい子供は免疫力が弱く、風邪も引きやすいといえます。これは、先天的な免疫力がまだ十分にできていないためです。症状に合った漢方薬を服用することで、免疫力を高め風邪を引きにくい丈夫な身体作りができます。
漢方に「未病(ミビョウ)を治す」という言葉があります。これは、身体の抵抗力が正常に働いていれば、病気を予防できるという意味です。「風邪は万病の元」とも言われていますが、風邪を引かない健康な身体作りこそ、さまざまな病から身を守る基本といえるのかもしれません。

※漢方を服用する場合は、自己判断せずに、漢方の専門知識のある医師、薬剤師に相談しましょう。

実例はこちら↓

漢方医学

西洋医学

気温が下がって、風邪のはやる時期になると、決まって風邪をひきやすくなるという人がいます。
冬は、気温が低く、乾燥していて、ウィルスが増殖しやすい環境といえます。風邪のウィルスは、細菌などよりずっと小さく、咳やクシャミなどによって感染します。
体内に風邪のウィルスが入っても、風邪の症状が見られる方とそうでない方がいます。これは、個人の免疫力に差があるためです。小さな子供や年をとった方などは、免疫力が弱く風邪をひきやすい傾向にあります。
西洋医学では、風邪の症状に応じて解熱薬、鎮咳薬、抗生物質などが用いられます。しかし、風邪をひきやすいような人には、これらの西洋薬は胃にもたれるなどの副作用が起こりがちですし、風邪を引きやすい体質を変えることはできません。

実例はこちら↓

西洋医学

日常生活

日ごろ、外から帰ったときには、手洗いやうがいを欠かさないようにしたり、十分な睡眠、十分な栄養をとることが大切です。
風邪をひきやすい方は、赤ピーマン、イチゴ、キウイなどのビタミンCを多く含んだ食べ物を多くとるようにしてください。

※医師・薬剤師に、ご相談の上服用してください。

>

実例はこちら↓

日常生活

風邪を引きやすい人の実例

お身体の悩み